マイクロバス

マイクロバス

価格の安さが魅力のマイクロバス。快適さでいえば大型・中型バスほど良くはありませんが、日帰りでのレンタルや送迎には最適。ターミナル駅や空港送迎の他にも研修施設をはじめ郊外の工場への送迎や定期送迎まで柔軟に対応ができるのも魅力の1つ。

定員
18~21名(正席) / 補助席5~6名
トランク
なし
有料道路区分
中型車
車両一覧
日野自動車「リエッセⅡ」いすゞ自動車「ジャーニー」三菱ふそう「ローザ」
設備
  • テレビ
  • DVD
  • カラオケ
  • ETC
  3月~11月 12月~2月
平日 ¥55,000~ ¥52,800~
土日祝 ¥60,500~ ¥58,300~

表示料金は東京都内で5時間100km以内を想定しています。

無料見積りフォーム

マイクロバスの車内・設備

  • シンプルな車内

    シンプルな車内

  • 荷物はトランクルームが無くても車内に積載可能

    荷物はトランクルームが無くても車内に積載可能

  • マイクロバス外観

    マイクロバス外観

  • マイクロバス車内

    マイクロバス車内

マイクロバスの座席図の例

タイプ 座席図 座席数 補助席 全座席
  マイクロバス座席図 全座席27 21 6 27
  マイクロバス座席図 全座席23 18 5 23

※このページで使われている貸切バスの写真や座席図はイメージ写真です。

マイクロバスのメリット・デメリット

「たびの足」で予約率1位2位を争うマイクロバスの、メリット・デメリットをご紹介いたします。

メリット

  • 料金が安い

    料金が安い

    料金を人数分で割れば、公共交通機関で移動するよりも手軽に移動ができる場合もあります。

  • ゆったりと過ごせる

    ゆったりと過ごせる

    日帰りでの移動や、結婚式、部活動研修、視察、駅や空港への送迎でよくご利用頂いております。

  • 運転手なしでも借りられる

    運転手なしでも借りられる

    中型(限定解除)免許以上が必須になります。
    もちろん、運転手付きでレンタルも可能です。

デメリット

  • トランクスペースがない

    人数が15名程度であれば、余った座席に荷物を置くことは可能です。 座席数がぎりぎり、かつ荷物が多いのであれば、小型・中型バスをレンタルすることをおすすめします。

  • 普通免許で運転することが出来ない

    中型免許(8t限定なし)を取得していなければ運転することができません。 運転手を確保できない場合は、バス会社に運転手も一緒に頼むとよいでしょう。

マイクロバスが活躍!おすすめ利用シーン

サークルの試合

サークルやゼミ合宿の送迎に

サークルやゼミ合宿の幹事様にとって移動手段の確保は、大きな悩みの種ではないでしょうか。
たびの足では、お客様の目的地や人数、荷物量に合わせて最適なバスをご提案し手配いたします。マイクロバスであれば、面倒な乗り換えなしで、出発地から目的地までスムーズにご移動できます。騒がしすぎてはないか?荷物は邪魔になっていかないか?などの心配がいりません。また、料金を人数で割ると、公共交通機関よりも安くすむことも。お手軽な価格で、楽に移動したい際はぜひマイクロバスをご利用くださいね。

視察・研修に

視察・研修に

視察や社員研修で、移動手段を確保する会社様にとって、大事な視察に遅れてしまうことや、思いがけず交通費が掛かってしまうことは避けたい悩みなのではないでしょうか。 貸切バスではご指定の場所から目的地まで、ノンストップで移動できます。 移動のたびにタクシーを捕まえる必要がある、電車の時間を何回も調べなければならないなどの心配はございません。お客様のスケジュールに合わせて効率よく移動できるだけでなく、経費削減にも繋がります。マイクロバスを定期契約することも可能ですので、ぜひ1度ご相談くださいませ。

結婚式

結婚式ではゲストのご移動に

ご親族やご友人、会社の方々が集まる大切な結婚式。 なかには飛行機を利用するゲストや、足が不自由なゲストもいらっしゃるのではないでしょうか。 大切なゲストのために、式場までの移動手段を確保したい。との声を「たびの足」へ多くいただきます。 私たちは、新郎新婦さまに代わり、ゲストの移動手段としてマイクロバスをご用意いたします。 当日は、空港や最寄り駅、ご自宅、ホテルなどまで、お迎えにあがります。 雨や台風など天気がすぐれない日はもちろん、引き出物や着替えなどの荷物があっても 貸切バスなら安心してご利用いただけます。 人数が増えそう、荷物が多くなりそうといった場合も、さらに大きいバスをご案内いたしますのでぜひご相談くださいね。

マイクロバスと中型バスの違いって?

27名以下で貸切バスを借りるときは、「マイクロバス」「小型バス」どちらがお得なのでしょうか?結論からいうと「マイクロバス」がおすすめです。
その理由をわかりやすく解説します!

  マイクロバスマイクロバス 中型バス中型バス
料金 55,000~
85,000円前後
70,000~
100,000円前後
人数 18名~22名程度
(補助席利用時:27席)
~27名程度
(補助席なし)
トランクルーム なし あり
(スーツケース15~20個)
ご利用シーン 送迎 観光

マイクロバスは、とにかく値段が安価であることが特徴です。
安く抑えたい、27名以下で荷物が少ない、短距離~日帰りの移動であればマイクロバスがおすすめ。但し、トランクルームがないため定員の27名ギリギリで荷物も多い場合は中型バスを検討すると良いでしょう。

各エリアのマイクロバスの料金

東京

  1. 新宿駅(10分)
  2. 新宿御苑(40分)
  3. 浅草(15分)
  4. スカイツリー(30分)
  5. お台場(25分)
  6. 羽田空港(※有料区間を利用します)
  • 走行距離42km
  • 利用時間6時間
  • 料金¥55,000

大阪

  1. 新大阪駅(35分)
  2. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン【6時間滞在】(30分)
  3. 梅田駅周辺ホテル
  • 走行距離33km
  • 利用時間8時間
  • 料金¥68,200

北海道

  1. 新千歳空港(40分)
  2. 札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース【5時間滞在】(50分)
  3. 札幌駅周辺ホテル
  • 走行距離61km
  • 利用時間8時間
  • 料金¥55,000

京都

  1. 京都駅(20分)
  2. 伏見稲荷大社(30分)
  3. 清水寺(45分)
  4. 金閣寺(40分)
  5. 嵐山(40分)
  6. 京都市内ホテル
  • 走行距離41km
  • 利用時間8時間
  • 料金¥68,200

名古屋

  1. 名古屋駅(10分)
  2. トヨタ産業技術記念館(20分)
  3. 名古屋城(30分)
  4. 熱田神宮(25分)
  5. 栄駅周辺ホテル
  • 走行距離22km
  • 利用時間6時間
  • 料金¥55,000

※上記の料金は、平日の運行/運転手付き/バスガイドなしの場合の料金です。
※別途、駐車通行料が発生する場合がございます。

必見!
マイクロバスのお役立ち情報

  • おすすめの曜日は?

    マイクロバスは小回りが利き、短時間の移動での利便性が高い貸切バスです。そのため、冠婚葬祭の送迎や日帰りのスポーツ遠征などにも利用されるため、他の貸切バスと比べても土日・祝日の予約が取りづらく、費用も高くなる傾向があります。中でも日曜日の予約が高く、次いで祝日・土曜日が人気となっています。また、平日では翌日休みの金曜日が利用しにくい曜日といえます。平日であれば、基本的に予約しやすいですが、月曜日や水曜日などは比較的利用しやすい傾向がみられます。

  • 出発エリア次第では費用が高くなる!?

    マイクロバスに限らず、貸切バスは東京や大阪、名古屋、福岡といった主要都市や、京都などの人気観光都市での需要が高いといえます。また、都市部には第人数で利用できるレジャーやスポーツ施設なども少ないため、隣接する都道府県に少し足を伸ばすケースも多いため、マイクロバスの利用も人気です。少しでも費用負担を抑えたい場合は、集合場所を主要都市以外の場所、もしくは貸切バス会社の倉庫近くにすることがおすすめです。また、目的地近くまでは公共交通機関を利用し、到着地でマイクロバスを利用するのも良いでしょう。

  • オプションの有無をしっかりとチェック

    マイクロバスを含む貸切バスの基本料金は、貸切バスの貸切費用やガソリン代、ドライバー費用が含まれていることが一般的です。これらの基本料金に移動距離や利用時間を換算した費用が請求されます。また、高速道路などの有料道路やバスガイド、早朝・深夜運行のための乗務員の増員、保険の加入といったオプションを利用する場合、追加費用が必要です。マイクロバスに関しては、比較的短時間・短距離での利用が多いため、これらのオプションを気にする機会が少ないですが、利便性や移動時間の短縮などを検討されている方は、別途オプションの追加を検討してみてるのもおすすめです。

  • サイズも丁度いい!マイクロバスの定員数

    マイクロバスは、通常18席から補助席を含めて23席のバスがほとんどです。たびの足では、補助席を含む全座席27席と、23席のマイクロバスをご用意しております。サイズ的には小型バス、中型バスより小さく、定員数は18~27名程度となっています。
    補助席が6席から7席ほど設置されているマイクロバスの場合には、定員数が26名から27名に増えます。27名定員のマイクロバスの座席の配置は、運転席側に2席×6列と乗降側に1席×4列、後部に5席と補助席7席という形です。

    しかし、マイクロバスにはトランクルームがないため、1泊2日の短期旅行やスポーツイベント、合宿でご利用される場合は荷物を積むスペースを考慮した上で、ご検討いただく必要がございます。スーツケースや合宿の備品をお持込の場合は2~4人(補助席除く)の空スペースを確保した乗車人数でご利用されることをおすすめいたします。

    他にも11名から13名の参加者数の場合には、ミニバスという選択肢もあります。より観光色を高めたいようなら、21名から24名定員の小型バス比較することも可能です。

マイクロバス ご利用者の声

大阪府 Y.Uさん 2018/05/02 16:32 (Wed)

価格も良心的でした

サークルでBBQをすることになり、利用しました。なるべく費用を安く済ませたかったのですが、こちらのマイクロバスは補助席も使えたので、大人数での移動も問題ありませんでした。空いている席には持込用の食材やお酒、その他必要な荷物も置けたので、お金のない学生には大助かりです笑

東京都 T.Oさん 2018/04/12 17:19 (Tue)

展示会への移動手段として最適でした

年に一度に行なわれる弊社の展示会で毎年利用させていただいております。全国からお客様がいらっしゃるので、最寄駅から展示会場まで何度も送迎しなければいけません。専任のドライバーも派遣していただけたので、本業である展示会の進行や営業活動に集中でき、助かっています。

山梨県 A.Kさん 2018/04/07 20:38 (Sat)

補助席も使えたので、ちょうど良かったです

小型バスでは乗車人数が少なく、目的地までも近いため、中型バスを借りようか悩んでいました。「たびの足」さんに相談したところ、補助席が使えるマイクロバスを勧められました。補助席を使ったところ、参加人数25人全員が利用できた上、費用も安く済んだので、一石二鳥でした。

千葉県 M.Sさん 2018/03/30 07:09 (Fri)

町内会の集まりに最適です

町内会で子供を連れて、テーマパークに行くことになりました。目的地まで、どうやって大勢の子供と一緒に向かおうか悩んでいました。そこでマイクロバスを利用させていただいたのですが、座席も多く、しかも安全運転で送迎していただきました。母親としてもとても満足しています。

Webでのお見積り・ご予約はこちら

電話でのお見積り・ご予約はこちら
03-6880-1475平日 9:00〜17:30 土日・祝日 8:30〜18:30

マイクロバスの使い方

各エリアの料金

貸切バス・レンタルバスおすすめ情報

その他の貸切バス

PAGE TOP

  • お電話でのお見積り・ご予約もお気軽にご連絡ください 03-6880-1475
  • WEBからのお問い合わせなら最短5分で回答可能!