貸切バスの[たびの足]

和歌山の貸切バスはお任せください 和歌山の貸切バスはお任せください

和歌山の貸切バス料金

和歌山は、世界遺産熊野古道や、無人島友ヶ島、高野山など多くの自然が残る美しい観光スポットがたくさんあります。
同時に和歌山県は、海の幸と山の幸どちらも楽しめる貴重な場所でもあります。
一方で電車などの交通アクセスはあまり良くありません。特に内陸部の方はレンタカー、もしくは貸切バスでの移動となります。

大型バス(~53名乗り)

大型バス
3~11月 平日 ¥66,000~
土日/祝日 ¥71,500~
12~2月 平日 ¥63,800~
土日/祝日 ¥69,300~

中型バス(~27名乗り)

中型バス
3~11月 平日 ¥60,500~
土日/祝日 ¥66,000~
12~2月 平日 ¥58,300~
土日/祝日 ¥63,800~

マイクロバス(18~27名乗り)

マイクロバス
3~11月 平日 ¥55,000~
土日/祝日 ¥60,500~
12~2月 平日 ¥52,800~
土日/祝日 ¥58,300~

ミニバス(~13名乗り)

ミニバス
3~11月 平日 ¥49,500~
土日/祝日 ¥55,000~
12~2月 平日 ¥47,300~
土日/祝日 ¥52,800~

オプション※追加費用が発生します。

サロンタイプ
サロンタイプ

¥3,300(1日)

バスガイド
バスガイド

¥16,500~

  • ※表示料金は5時間100km以内を想定しています。
  • ※有料道路代金、駐車場代金および入場、拝観料は別途必要です。
  • ※回送通行料金が発生する場合がございます。
  • ※宿泊を伴う場合は、乗務員の宿泊(一泊夕食・朝食付き)の手配をお客様にお願いしております。
  • ※表示料金で確保している車両が満車になってしまった場合、別料金での案内をさせて頂く場合がございます。

和歌山の観光は貸切バスがおすすめ

バスドライバー

運転のストレスや負担がない

プロの運転手付きである貸切バスは、仲間の中から運転役を決める必要がありません。そのため、ひとりも欠けることなく仲間だけで楽しい移動時間を過ごせるのです。現地の道路情報を把握しているプロの運転手に任せて、みんなで快適な移動をしましょう。

詳しい料金についてこちらで
簡単にお見積りができます!

和歌山の貸切バス ご利用者の声

  • 和歌山 MING LIさん2018/09/04 15:41 (Tue)

    評価

    We had a very pleasant journey

    Thank you very much for your driver and service!

    Dear MING LI,

    Thank you for using our service!
    Did you enjoy sightseeing?

    We look forward to see you soon.

    Thank you so much.

貸切バスで行く和歌山のおすすめ観光地

  • 熊野古道

    熊野古道

    和歌山にある熊野古道は、2004年「紀伊山地の例羽と参詣道」として世界遺産に登録されました。
    日本人の巡礼の起源とも言われている熊野古道ですが、1本道ではなくいくつかのルートに分かれています。中辺路、大辺路、小辺路、伊勢路、紀伊路、大峯奥駆道、高野山町石道です。
    中には大峯奥駆道のように5〜6日かけて踏破する総延長170㎞の険しいルートもあり、事前の準備が必要になる場所もあります。
    熊野那智大社には貸切バスが駐車可能な駐車スペースもあるので、近くまで貸切バスで行くことも可能です。

  • 友ヶ島(ともがしま)

    友ヶ島(ともがしま)

    淡路島と紀州の間にある紀淡海峡に無人島「友ヶ島」があります。友ヶ島までは、和歌山にある加太湊から友ヶ島汽船に乗っておよそ20分。
    島には第二次世界大戦中に日本軍が使用していた砲台跡があり、生々しくも寂しさも覚える風景が今もなお残されています。
    一方で、海が見えるキャンプ場もあり、キャンプ用品を持ち込んで泊まることも可能です。
    歴史を学びつつ、海で遊んで自然を感じられる日本でも数少ない場所の1つかもしれません。

貸切バスで行く和歌山のおすすめグルメ

  • しらす丼

    しらす丼

    和歌山では3月下旬から5月にかけてしらす漁が最盛期をむかえます。
    特に県内有数の生産地となっているのが和歌山市加太、有田郡湯浅町です。
    新鮮だからこそ頂けるプリプリの生しらす丼もおすすめですが、海の香りが豊かな釜揚げしらすもおすすめ!
    和歌山にはしらすを提供するお店がたくさんあるので、熊野那智大社を参拝した帰りにぜひお立ち寄りください。
    しらすのかき揚げが日本酒のつまみに最高です!

  • 梅干し

    梅干し

    新ショウガや白菜、みかんなど和歌山は農業が盛んです。
    特に有名なのは、紀州南高梅のブランドで知られる梅ではないでしょうか?
    1粒1粒のサイズが大きく肉厚で、薄い皮が特徴です。6月頃に収穫された青ウメを使って毎年梅酒をつくるご家庭もあるんだとか。
    そんなウメで作られた梅干しは、もちろん最高級品。
    1粒500円を超えることもある最高級、紀州南高梅の梅干しは素材も仕込みも一級品。確かな味わいです。

貸切バスで行く和歌山のおすすめ特産品・名産品

  • 有田みかん

    有田みかん

    和歌山といえば、忘れてはいけないのがみかんですよね。
    有田みかんの歴史は450年以上前にさかのぼります。
    水はけのよい急斜面や年間を通じた温暖な気候がみかん栽培に適しており、ぎゅっと濃縮した甘さが有田みかんの特徴です。
    みかんジュースやみかん香る蜂蜜はお土産にも最適。ドライフルーツは紅茶に入れたり、お菓子に入れたりと使い勝手も抜群です。
    買って帰れば間違いなく喜ばれるので、何を買おうか迷ってしまったら有田みかんがおすすめです。

  • 金山寺みそ

    金山寺みそ

    長期保存も可能な金山寺みそも和歌山の特産品です。
    金山寺みそは、お寺で夏野菜を冬に食べるための保存食でした。
    そのため味噌の中には、白瓜や茄子、しそ、ショウガなどが入っています。
    調味料としての使い方よりも、味噌をそのまま福際にしたり、酒のつまみにしたりするのが一般的。
    和歌山で有名な金山寺みそのお店といえば明治39年創業の「やまだ」。
    伝統的な古式製法にこだわった金山寺みそは格別な美味しさです。

貸切バスのご利用シーン

和歌山での貸切バスは観光バス以外にも様々な用途でご利用されています。
当社で対応してきたお客様の事例から、観光バス以外のご利用をご紹介します。

空港への送迎や部活など、荷物が多いご利用でも、ランクが大きく車内も広いバスであれば安心して移動ができます。
また、少人数でも車内の座席が向かい合うサロンタイプのバスなら、運転はプロの運転手にせて移動中も楽しく過ごすことができます。
足腰の悪い方用のリフト付きのバスや、お子様も安心のトイレ付きのバスなど、お客様のご況に応じた車種がございます。
冠婚葬祭など近距離の送迎も、10席前後の小型、中型、50席ほどの大型まで人数に応じた車を選べば、リーズナブルな運賃でご利用が可能です。
さらに詳しいご利用シーンはこちらをご覧ください。

安心・安全への取り組み

貸切バスを予約される方、特に初めて問い合わせする方は、貸切バスの安全性について心配される方も多いと思います。
当社は安心・安全なバス会社のご案内に務めております。
安心・安全に努めて運行するバス会社を確認する制度として、貸切バス事業者安全性評価認定制度があります。
日本バス協会によるこの制度は、バス会社の安全への取り組みを公表するために運用されています。日本バス協会の厳正な審査をクリアした事業者にはセーフティバスを証明するステッカーが与えられます。セーフティバスは車両や従業員の名刺を見ると確認でき事前に公式サイトで事業者一覧や詳細を確認しておくことも可能です。
安心・安全な移動は貸切バスの利用で何より大切です。深夜や長距離のご利用では安全性の重要さは特に高くなるでしょう。
この認定制度も目安として、安心できるバス会社選びをしましょう。

選べる2つの
無料お見積り!

平日17:00 、土曜13:00までにいただいたお見積りは、当日中に回答いたします。(※日程や行程、台数によってはこの限りではございません。)。さらにWEBからのお申込みならポイントが貯められてとってもお得。入力するのが面倒という方は、お電話での見積りも承っております。