1. 貸切バス 【たびの足】ホーム
  2. 貸切バスの種類
  3. マイクロバス
  4. マイクロバスを名古屋でレンタルしよう!料金はどれくらい?

マイクロバスを名古屋でレンタルしよう!料金はどれくらい?

名古屋城

名古屋での観光やレジャー、各種送迎にはマイクロバスの活用がおすすめです。
そこで今回は、名古屋でマイクロバスをレンタルするときの料金相場やおすすめシーン、注意点について紹介します。

名古屋でマイクロバスのレンタル料金はいくら?

定員数18名〜27名のマイクロバスは、貸切バスの中で最もコンパクトな車体が特徴です。
名古屋でマイクロバスをレンタルするときの料金は、利用する地域や時期、時間、走行距離によって変わるほか、観光地としても人気が高い名古屋では、3月~11月の観光シーズンになると、貸切バスのレンタル料金が高くなる傾向にあります。
また、マイクロバスは貸切バスの中で最も料金が安いバスですが、バス会社によって料金が異なることがあるため、複数のバス会社から見積もりを取るのがおすすめです。
名古屋でマイクロバスをレンタルする料金相場は、以下の通りです。

  3月~11月 12月~2月
平日 ¥55,000~ ¥52,800~
土日祝 ¥60,500~ ¥58,300~

(5時間、100km以内走行を想定した場合)

名古屋のマイクロバスは運転手付き・運転手なし、どっちがおすすめ?

名古屋でマイクロバスをレンタルする場合、運転手付きと運転手なしのプランのいずれかを選ぶことができます。
そこで続いては、マイクロバスの運転手付きと運転手なし、それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

運転手付きのメリット・デメリット

マイクロバスはコンパクトな車体が特徴ですが、区分は中型自動車なので普通免許のみでは運転することができず、中型免許または大型免許が必要です。
運転手付きプランでマイクロバスを手配すれば、免許をお持ちでない方も利用することができ、運転は全てプロに任せることができるので安心です。
ただし、運転手の空き状況によって予約が取りにくいケースがあること、宿泊を伴う場合は運転手の宿泊の手配も必要になることといったデメリットがあります。

運転手なしプランのメリット・デメリット

中型免許または大型免許をお持ちの方であれば、マイクロバスの車両のみをレンタルすれば、自分で運転して利用することができます。
バス会社やレンタカー会社によっては、運転手なしプランより安く借りることができるケースもあるため、費用を抑えられる点はメリットだと言えるでしょう。また、行き先を自由に決めることができ、当日のプラン変更も可能となっています。
ただし、バス会社やレンタルカー会社までマイクロバスの車両を取りにいき、返却もしなければならないという手間がかかります。また、中型免許を取得していても、普段からマイクロバスを運転していない場合には危険を伴うこともあるでしょう。さらにグループ旅行などでマイクロバスをレンタルする場合、中型免許を持っている人が一人しかないと、同じ人がずっと運転をしなければならず、運転手に負担がかかる点もデメリットと言えます。

名古屋でマイクロバスをレンタルする方法は?

マイクロバスをレンタルする場合は、レンタカー会社もしくはバス会社との契約が必要となります。料金プランは会社によって異なるので、自分に合ったプランを探すなら一括見積もりサービスの活用がおすすめです。
貸切バス専門店たびの足では、名古屋のマイクロバスレンタルの一括見積もりを請求いただけます。WEBの専用フォームなら、24時間お好きな時間に一括見積もりの請求が可能で、最短5分でお見積もり結果を回答させていただきます。
また、貸切バスの利用にあたって不明点や要望がある方に向けて、お電話での見積もりサービスも行っておりますので、お気軽にご利用ください。

Webでのお見積り・ご予約はこちら

電話でのお見積り・ご予約はこちら
03-6880-1475平日 9:00〜17:30 土日・祝日 8:30〜18:30

名古屋でマイクロバスがおすすめのシーン

続いては、名古屋でマイクロバスの利用がおすすめのシーンについて紹介します。

観光・レジャーの送迎

観光地名古屋市内には、名古屋城や東山動植物園、名古屋港水族館や熱田神宮といったさまざまな観光地があります。公共交通機関も発達している名古屋ですが、複数の観光地を電車やバスを乗り継いで周遊するのはかなりの時間と手間がかかります。
しかし、マイクロバスなら発着地と経由地を自由に設定することができるので、一つのバスで名古屋市内の複数の観光地を周遊することができ、乗り換えは不要です。また、マイクロバスの車内ではゲームやカラオケを楽しんだり、観光の合間に疲れを癒したり、リラックスできる環境で思い思いに過ごすことができます。

合宿所や研修施設への送迎

研修旅行部活やサークル、ゼミなどのメンバーで名古屋郊外の合宿所や研修施設を利用する際にも、マイクロバスでの送迎がおすすめです。合宿に必要な荷物やスポーツ用品、研修に必要な重たい機材も、マイクロバスの空いた座席を活用すれば現地まで楽に運ぶことができます。車内は完全プライベート空間なので、移動中に合宿のスケジュールを説明したり、研修に向けた事前講義を行ったりと、有意義に使うことができます。

駅・空港への送迎

空港名古屋駅や中部国際空港から国内・海外旅行に出かける際の送迎にも、マイクロバスの活用が便利です。
もちろん公共交通機関でも移動できますが、荷物を運ぶのも大変で、移動だけで疲れてしまう可能性があるでしょう。小回りが利くマイクロバスなら、住宅地まで送迎ができるので、重たい荷物を徒歩で運ぶ手間がありません。せっかくの旅行を思い切り楽しむためにも、駅や空港までの移動で体力を消耗しないようにマイクロバスを活用しましょう。

結婚式・葬式などの送迎

結婚式愛知県外からのゲストが多く参列する結婚式や、ご高齢の方が多いお葬式などの冠婚葬祭行事の送迎にも、マイクロバスを活用することができます。
結婚式場や斎場でも無料の送迎バスを手配してくれる場合がありますが、発着地を自由に決めることができず、乗車人数も限られています。参列する人数に合わせて自分たちでマイクロバスを手配しておけば、全員を確実に会場まで送迎することができ、発着地も自由に設定することが可能です。
名古屋での乗り換えに詳しくない遠方からのゲストや、移動が大変な高齢者の方がいる場合、マイクロバスでの送迎があれば喜ばれでしょう。

名古屋でマイクロバスをレンタルするときの注意点

続いては、名古屋でマイクロバスをレンタルするときに確認しておきたい注意点をいくつか紹介します。

コロナ対策は万全か

他の乗客との乗り合わせがないマイクロバスですが、バス会社を決めるときは、車内の消毒がしっかりとされているか、運転手の検温・マスク着用の有無などコロナ対策が万全に行われていることを確認しましょう。また、レンタル中もマイクロバス乗車時にアルコール消毒をする、定期的に換気の時間を作るなど、感染予防に努めることが大切です。

荷物は座席に置く必要がある

マイクロバスの定員は補助席も含めて18名〜27名で、車種によって異なります。大人数で乗車する場合には、必ず車種や座席数を確認しておきましょう。
マイクロバスにはトランクルームが付いていないため、スーツケースなどの大きな荷物は空いた座席に置いて運ぶ必要があります。定員に余裕がないと、「人数分の荷物を乗せることができない」というトラブルが発生する恐れがあります。当日になって荷物が乗らないとなると、せっかくの旅行が台無しです。
そのため、マイクロバスをレンタルする際には、座席数と定員を確認し、全員分の荷物が乗せられるように余裕を持ちましょう。もし、どうしてもトランクルームが必要な場合は、マイクロバスと定員は変わらずトランクルームが付いている小型バスもおすすめです。

名古屋の送迎はマイクロバスのレンタルがおすすめ

今回は、名古屋でマイクロバスをレンタルするときの料金やおすすめのシーン、注意点などを紹介しました。
観光旅行やグループ旅行、研修・合宿、冠婚葬祭など、大人数が集まって一度に移動が必要なときは、公共交通機関を利用するよりもマイクロバスをレンタルするほうが、時間も費用も抑えることができ、効率良く移動することができておすすめです。
名古屋のマイクロバスのレンタル料金はバス会社によって異なるため、一度に複数のバス会社から見積もりが取れる一括見積もりサービスをぜひご活用ください。

お見積り・ご予約はこちら

貸切バス・レンタルバスおすすめ情報

PAGE TOP

  • お電話でのお見積り・ご予約もお気軽にご連絡ください 03-6880-1475
  • WEBからのお問い合わせなら最短5分で回答可能!