1. 貸切バス 【たびの足】ホーム
  2. 貸切バスの料金
  3. 東京の貸切バス
  4. 東京でマイクロバスをレンタルするメリットや手順

東京でマイクロバスをレンタルするメリットや手順

東京スカイツリーマイクロバスは、さまざまなシーンで活用ができる小型のバスです。
今回は、東京でマイクロバスをレンタルする場合の料金相場や、東京でマイクロバスをレンタルするメリット、想定される活躍シーンについてまとめて紹介します。

東京でマイクロバスをレンタルしよう

まずは、マイクロバスの特徴や定員、東京でマイクロバスをレンタルする場合の料金相場について紹介します。

マイクロバスとは

マイクロバスは、全長7m、車幅2.1、車高2.6mの小さめのサイズのバスです。 区分は中型自動車となりますが、小回りが利くので狭い道での運行も可能です。トランクルームはありませんが、乗車人数に余裕があれば、座席に荷物を置くことができます。

マイクロバスの定員、料金

マイクロバスの定員は車種によって異なりますが、正座席のみで18名〜21名程度、補助席もプラスすると、23名〜27名程度の乗車が可能です。

東京でマイクロバスをレンタルする場合の料金相場は、以下の通りです。

  • 3月〜11月:(平日)55,000円〜 (土日祝日)60,500円〜
  • 12月〜2月:(平日)52,800円〜 (土日祝日)58,300円〜

※東京都内で5時間100km以内走行を想定

観光需要が高まる3月〜11月のシーズンには、利用料金が若干高めになっています。 マイクロバスは乗車人数が多い程、一人当たりの料金は安くなります。例えば、1日あたりのレンタル料金55,000円のバスに20名で乗車する場合、一人当たりの料金は2,750円になります。

マイクロバスの車内設備

マイクロバスの設備は車種によっても異なりますが、テレビやDVD、カラオケなどの設備が備わっているのが一般的です。
また、ETC車載器を搭載しているマイクロバスも多いです。高速道路の利用料金は、レンタル料金に含まれていないため、実費精算が必要になります。ETC車載器が搭載されたバスなら、カードを差し込むだけでOKなので手間がかからずおすすめです。

マイクロバスの特徴

マイクロバスは、小さめのサイズの貸切バスです。小型バスと定員は変わりませんが、トランクルームがないため、他の貸切バスよりもレンタル料金が安めに設定されています。
バスの中では小さめのマイクロバスですが、区分は中型自動車なので、普通免許で運転することはできません。マイクロバスを運転するためには、8t限定なしの中型免許以上が必要になります。そのため、マイクロバスの利用料金には、運転手1名分の料金が含まれているのが一般的です。

東京でマイクロバスをレンタルするメリット

続いては、東京でマイクロバスをレンタルするメリットについて紹介します。

運転手付きで楽に移動ができる

マイクロバスのレンタル料金には運転手1名分の料金が含まれており、当日の運転はすべてプロに任せることができます。グループ内から運転手を決める必要がないので、全員が楽に移動することが可能です。

料金が安い

マイクロバスの料金は、他の貸切バスと比較すると安めに設定されています。
中型バスと比較した場合、1.5万円〜2万円の差があります。
小さめのバスとはいえ、補助席を活用すれば27名の乗車が可能なので、大人数でも荷物が少ないおでかけにはマイクロバスを活用することで、一人当たりの料金を抑えることができます。

小回りが利く

マイクロバスの車幅は2.1m程度で、普通自動車と大差ありません。
小回りが利くため、東京の住宅街など狭い道でも走行ができる点がメリットです。

スケジュールが立てやすい

東京はJRや地下鉄などの公共交通機関も発達していますが、公共交通機関で移動する場合、時刻表に合わせてスケジュールを組む必要があります。
マイクロバスなら、乗車時刻や降車時刻を自由に設定することができ、当日のスケジュール変更にも対応することができます。

東京でマイクロバスのレンタルが活躍するシーン

続いては、東京でマイクロバスの活躍が想定されるシーンについて、いくつか紹介していきます。

冠婚葬祭の送迎

結婚式結婚式やお葬式の会場まで、ゲストを送迎するのにも、マイクロバスがあると便利です。
東京には最寄駅からシャトルバスを運行している式場や斎場も多いですが、人数に制限がある場合も多く、また時間が合わないと乗車することができません。
自分たちでマイクロバスを手配しておけば、大切なゲストの皆さんを確実に会場まで送迎することができます。女性はヒールを履いている方が多く徒歩での移動は負担になるので、マイクロバスを手配しておくと喜ばれるでしょう。

空港への送迎

空港東京都内から羽田空港や成田空港までの送迎にも、マイクロバスが活躍します。
もちろん、公共交通機関を利用して移動することも可能ですが、海外旅行の際などは重たい荷物を持っての移動となり、負担がかかります。また、乗り換えが生じる場合には時刻表をしっかり確認して置かないと、目標時刻に到着できない場合もあります。
マイクロバスなら、空いた座席を活用して重たい荷物を運ぶことができますし、乗り換えなしでスムーズに移動することが可能です。

団体旅行・研修旅行の送迎

研修旅行東京で団体旅行や研修旅行を企画する際は、研修施設やホテルまでの移動にマイクロバスの活用がおすすめです。
マイクロバスなら車内は完全にプライベート空間なので、レクリエーションや事前学習に充てることもできるでしょう。

ゴルフ場への送迎

ゴルフ場重たいゴルフバックを持って、公共交通機関でゴルフ場まで移動するのは大変です。
また、自家用車で移動すると全員の到着時刻がバラバラになってしまうだけでなく、プレーで疲れた体で運転して帰宅する必要があり、負担になってしまうでしょう。
マイクロバスなら、大きなゴルフバックも楽に運ぶことができますし、帰りの運転もプロに任せることができるので、全員がプレーに集中することができます。

工場見学への送迎

工場見学東京近郊には、ビールやお菓子などの工場がたくさんあり、見学を受付しているところもあります。工場は、交通機関が発達していない郊外にあるケースが多いので、公共交通機関のみで移動するのは困難です。
また、ビール工場に行く場合、自家用車で移動してしまうと、運転手はビールの試飲を楽しむことができません。マイクロバスなら、郊外の工場まで楽に移動ができ、全員がビールの試飲を気兼ねなく楽しめます。

ゼミ合宿・スポーツ合宿の送迎

スポーツ合宿ゼミ合宿やスポーツ合宿の送迎にも、マイクロバスの活用がおすすめです。 合宿に必要な資料や機材、スポーツ用品などを楽に運ぶことができるので、移動時の負担が軽減されます。

東京のマイクロバスレンタルは一括見積がおすすめ

マイクロバスは、貸切バスの中で最も小さめのバスです。トランクルームはありませんが、補助席も含めると27名乗車することができるので、定員に余裕があるケースでは、空いた座席に大きな荷物を乗せて運ぶこともでき、小回りが利くマイクロバスなら住宅街の送迎にも便利です。
東京でマイクロバスをレンタルするときの料金はバス会社によって異なるので、予約する際には複数社に見積もりを依頼することをおすすめします。貸切バス専門店たびの足なら、WEBの専用フォームから簡単5分で一括見積もりをご請求いただけます。また、お電話でのお見積もりも承っております。WEB・お電話ともに、一括見積もりのご提案は無料となっておりますので、お気軽にご活用ください。

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP

  • お電話でのお見積り・ご予約もお気軽にご連絡ください 03-6880-1475
  • WEBからのお問い合わせなら最短5分で回答可能!