1. 貸切バス 【たびの足】ホーム
  2. 貸切バスの料金
  3. 東京の貸切バス
  4. 子供から大人まで楽しめる!東京にある工場見学スポットを紹介

子供から大人まで楽しめる!東京にある工場見学スポットを紹介

東京スカイツリー東京での工場見学には、貸切バスの利用がおすすめです。
ここでは、東京で工場見学が楽しめるスポットや東京で工場見学を楽しむコツについて紹介します。

東京で工場見学ができる人気スポット

まずは、東京都内や近郊で工場見学が楽しめる施設のなかから、特に人気のスポットをいくつか紹介します。

サントリー 「天然水のビール工場」東京・武蔵野

サントリー 「天然水のビール工場」は、プレミアムモルツを製造しているサントリーのビール工場です。予約して工場見学ツアーに参加すれば、ビールの原料について知ることができ、実際の仕込み工程を見学したり、貯酒工程で使用されていたタンクの中を通ったりすることができます。
もちろん、工場見学ツアーの最後にはプレミアムモルツの試飲も可能で、工場内のショップには工場直送ビールなどここでしか買えない限定グッズが販売されています。

住所
東京都府中市矢崎町3-1
問い合わせ先
042-360-9591

味の素川崎工場

味の素川崎工場は、味の素グループで最も歴史のある工場です。製造ラインの見学はありませんが、「ほんだしコース」と「味の素コース」の2つの体験コースが用意されています。
「ほんだしコース」では、こだわりの原料やスタッフおすすめのレシピ等を知ることがで、「味の素コース」は、工場でのお仕事体験コースで、子供連れにおすすめです。
新型コロナウイルス感染予防のために現在は実施されていませんが、通常時は鰹節の削り体験やおにぎりの試食も楽しめます。

住所
神奈川県川崎市川崎区鈴木町3-4
問い合わせ先
0120-003-476

イワコー消しゴム工場

埼玉県にあるイワコー消しゴム工場は、大人も子供も楽しめるおもしろ消しゴムの工場です。
工場見学ツアーに参加すれば、消しゴム組み立ての体験が楽しめるほか、実際の色付け工程を見学することもできます。

住所
埼玉県八潮市大瀬184
問い合わせ先
048-998-5502

国立印刷局 東京工場

国立印刷局 東京工場は、普段使っている「お札」の製造工程を見学できる工場です。国の施設ということもあって、受付時には身分証明書の確認や手荷物検査が必要になります。
工場見学では、実際の製造現場をガラス越しに見学することができたり、1億円の重さを体験できるコーナーがあったりと、子供連れも楽しめる工場見学スポットです。見学日は毎週火曜日と木曜日のみなので、土日やその他の曜日の工場見学はできません。

住所
東京都北区西ケ原2-3-15
問い合わせ先
03-5567-1102

ANA 機体工場見学

ANA 機体工場見学は、羽田空港の新整備場地区にあるANAの定期整備や改修の工場です。
ボーイング777やボーイング787、ボーイング767などの大型機や、中型機が整備される様子を間近で見学することができます。乗り物好きの子供たちだけでなく、大人も興奮してしまうこと間違いなしです。格納庫では、ヘルメットをかぶって整備作業を行なっている実機の見学もできます。玄関ロビーの売店には、ANAグッズも多数取り揃えられています。
見学は平日のみで、土日の見学はできないので注意しましょう。また、見学は完全予約制となっています。

住所
東京都大田区羽田空港3-5-4
問い合わせ先
03-6700-2222

グリコピア千葉

グリコピア千葉は、千葉にあるグリコのアイス工場です。パピコやセブンティーンアイスの製造ラインを見学することができます。他にも、エアーシャワーを使ってホコリやゴミを取る工程を体験できる「クリーンルーム」やアイスクリームを保管する巨大冷凍庫の温度を擬似体験できる部屋など、面白いポイントが満載です。お土産に出荷前のパピコがもらえるほか、有料の「グリコキッチン」を予約すれば、1,500円で2名分のアイスクリーム手作り体験が可能です。

住所
千葉県野田市蕃昌新田字溜台10番地
問い合わせ先
04-7127-3355

明治なるほどファクトリー坂戸

明治なるほどファクトリー坂戸は、明治のチョコレート「アポロ」の製造ラインを見学できる工場です。生乳やカカオなど、チョコレートの原料や品質管理について学んだ後は、貴重なカカオ豆の現物を見たり、カカオマスの香りを体験したりできます。また、アポロだけでなく明治ミルクチョコレートとツインクルチョコレートの製造ラインも見学できます。
工場見学は無料ですが、完全予約制となっています。また、土日は休業日なので、平日しか見学できません。

住所
埼玉県坂戸市千代田5丁目3−1
問い合わせ先
049-283-1398

キリンビール 横浜工場

キリンビール 横浜工場は、横浜にあるキリンビールの工場で、工場見学が可能です。
無料で参加できる「キリン一番搾りおいしさの秘密発見ツアー」に参加すれば、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べや、麦芽の試食、ホップの香りを体験することができます。実際の仕込み工程もガラス越しに見学でき、もちろん見学ツアーの最後には一番搾りの試飲も楽しめます。
併設されたレストランでは、ビールに合う食事も提供されていて、工場限定グッズを多数取り揃えたお土産ショップもあるため、団体で訪れる方も多いです。

住所
神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1キリンビール(株)横浜工場
問い合わせ先
045-503-8250

東京で工場見学を楽しむコツ

続いては、東京での工場見学を楽しむコツについていくつか紹介します。

体験ができる施設を選ぶ

製造ラインの見学ができるだけでも貴重ではあるのですが、工場見学をより楽しむなら、「体験型のアクティビティ」が用意されている施設を選ぶのがおすすめです。 例えば、紹介したグリコのアイス工場「グリコピア千葉」では、有料ではありますがアイスクリーム作りの体験プランが用意されています。工場で実際に何かを体験してみることで、より深い学びにつながるでしょう。

子供や大人を含めて団体で行く

工場見学は、家族や少人数での予約も可能ですが、その場合は複数グループが合同でツアーを回ることになります。そのため、「貸切ツアー」を楽しみたいなら、子供や大人も含めた団体で行くことをおすすめします。工場によっては、団体で予約することで限定の体験プランが楽しめる場合もありますよ。

貸切バスを利用する

工場見学の際、東京近郊にある工場までの移動には、貸切バスの活用がおすすめです。
広い敷地を必要とする工場は郊外に建てられていることも珍しくありません。最寄り駅からシャトルバスが運行している工場もありますが、時間が決まっているため、シャトルバスを利用しようと思うとお土産選びの時間が少なくなってしまう可能性も…。貸切バスなら、郊外の工場にも楽に移動することができ、時間に縛られることもありません。また、運転はプロに任せることができるので、ビールの試飲も全員が平等に楽しめます。

東京の工場見学で貸切バスを申し込む方法

今回は、東京で工場見学を楽しめる人気スポットや工場見学を楽しむコツについて紹介しました。東京近郊には、大人も子供も楽しめる工場見学施設がたくさんあります。移動に貸切バスを使えば、大人数でも全員が平等に見学を楽しむことができるでしょう。貸切バスの種類や使用する日程によっては予約が埋まってしまっていることもあるので、予定が決まったらすぐに見積もりを依頼することをおすすめします。貸切バスの料金はバス会社によって異なるので、複数のバス会社に見積もりを依頼しましょう。
貸切バス専門店のたびの足なら、WEBの専用フォームから24時間いつでも一括見積もりを請求していただけます。必要事項をご入力いただければ、最短5分でお見積もり結果を表示できます。乗車日や出発、到着時刻、行き先やご利用人数をご確認の上、お気軽にご活用ください。

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP

  • お電話でのお見積り・ご予約もお気軽にご連絡ください 03-6880-1475
  • WEBからのお問い合わせなら最短5分で回答可能!