ガーラをレンタカー!快適なバス旅行を実現する環境性能とは

徹底した乗客の快適性と乗客・運転手を守る万全の安全設備の搭載したいすゞガーラ。いすゞ自動車株式会社が発売した、慰安旅行に最適な大型観光バスです。今回はいすゞガーラのラインナップや機能面、そして利用シーンを中心にご紹介します。

いすゞガーラとは

いすゞガーラとは、1996年にいすゞ自動車株式会社が発売した大型観光バスです。さまざまなシリーズを発表し、2005年にフルモデルチェンジしたガーラが現在のモデルとなっています。当時の国内にある大型観光バスで、初めて全ての運転席にSRSエアバッグとプリテンショナー付きのシートベルトを標準装備した安全性の優れた大型観光バスでもあります。

照度・寿命に優れたディスチャージヘッドランプを装備することで、運転手の視認性を高め、夜間走行時の運転疲労を大幅に軽減しています。また、フロントフレームを中心に車体側部や床の構造の強度を上げて、衝突時の安全性を配慮した車体構造を採用。

そのほか、フック、ドリンクホルダー、灰皿の構造を工夫し、客席シート背面の突起物をなくすことで、衝突時の被害を抑える内装のレイアウトとなっています。

用途別!いすゞガーラのラインナップ

いすゞガーラは全4車種に分かれており、貸切/パッケージ車、夜間高速/高速路線、そしてリフト車の3つの仕様に対応しているかで分けられます。

車種/対応 貸切・パッケージ車 夜間高速/高速路線 リフト車
Super Hi-Decker ×
Hi-Decker
Hi- Decker 9 ×
Hi- Decker VP ×

1.貸切/パッケージ車

貸切/パッケージ車の仕様に対応した車種はSuper Hi-Decker、Hi- Decker、Hi- Decker 9、Hi- Decker VPの4車種があり、乗車定員は補助席を含めると最大62人(客席49席・補助席11席・乗務員席2席)まで可能です(※グレードによって、席数は異なります)。

乗車口は全車共通でスイング扉を採用しており、すべてのグレードでサロン席仕様を選択可能なため、移動時間を思う存分楽しめます。Super Hi-Deckerではトイレサニタリー装備(車内トイレ)の選択もできるため、ご利用される世代や移動距離に応じた利用が可能です。

2.夜間高速/高速路線

夜間走行や高速道路を利用することが珍しくない大型観光バス。いすゞガーラの4種類のうち、Super Hi-Decker、Hi- Decker、Hi- Decker VPの3車種が夜間高速と高速路線の仕様に対応しています。また、夜間路線・夜間高速用の3車種では、3人掛け客席を基準としています。Hi- Decker VPを除き、ホイールベース間または客室後部にトイレサニタリー装備も搭載可能なため、お客様にワンランク上の旅を演出できます。

3.リフト車

リフト車とは車椅子の方の乗降をスムーズに行えるリフト装置を床下に格納したバスを指します。Hi- Decker、Hi- Decker 9の2車種がリフト機能を搭載した仕様の車種となりますが、夜間路線、夜間高速とパッケージ車ではリフトを搭載していません。足腰の悪い高齢者や足に障害をお持ちの方がご家族や社員の中にいても、その他の参加者と同じように快適で安全な移動を約束してくれます。

いすゞガーラにある注目の機能紹介

いすゞガーラには、徹底した乗客の快適性と乗客・運転手を守る万全の安全設備の搭載が特徴です。

乗客の快適性を考慮した設備

いすゞガーラには車高調整装置が備わっており、車両前部を最大約100mmまで下げられます。その結果、乗降口の段差が小さくなり、乗り降りがとても簡単になります。マルチゾーンエアコンは各所に設置されたセンサーが温度差を検知して、吹出温度と風量を自動操作するため、きめ細かな室内の温度調節が可能です。さらに除菌イオン発生装置でウイルス、アレルギー物質を除去し、空気を清潔にしてくれます。

LED照明の読書灯は他の乗客に配慮して手元のみを照らせるため、気兼ねなく、一人の時間を楽しめます。

また、電子制御サスペンションはセンサーが車速・振動・ハンドルの動きに合わせて、緩衝装置を自動制御するため、安定した走行と乗り心地を実現できます。そのほかにもいすゞガーラには乗客の快適性を考慮した多くの設備が導入されています。

乗客と運転手を守る安全設備

いすゞガーラには速度抑制や衝突被害の軽減をサポートする衝突被害軽減ブレーキシステムや停止車両や歩行者と衝突の危険がある場合に運転手へ早期に通知する警報ブザーが備わっています。また、追突が避けられない場合でも強いブレーキをかけて衝突被害を抑えることも可能です。ブレーキは補助ブレーキと連動することで、高いブレーキ性能を実現しています。

ドライバー異常時対応システムとは、万が一ドライバーにトラブルがあった場合に運転席スイッチまたは客席スイッチ減速のち車両が停止するシステムです。減速開始にあわせて、車内では非常ブザーが鳴るとともに赤色フラッシャーの点滅で乗客へ運転手の異常を伝えます。

装備されたドライブモニターはドライバーの顔の向きや瞼(まぶた)の開閉状態を常にモニターし、運転手の状態を把握します。前方注意力が不足していると検出した際は、警報音や警告表示で注意喚起し、ドライバーに無理な運転をさせないサポートが可能です。

ELR3点式シートベルトは運転席、ガイド席、客席最前列に標準装備されており、万が一の衝突でも被害を最小限に抑えられます。
※オプションで全客席をELR3点式シートベルトに変更できます。

いすゞガーラの利用シーン

いすゞガーラは貸切・パッケージ車、夜間高速/高速路線、リフト車でそれぞれおすすめの利用シーンが異なります。

日野セレガは「おもてなしの心」をコンセプトに移動中の快適さを実現しつつ、最先端のドライバーサポート機能により高い安全性と耐久性を追求し続ける観光用大型バスです。OEM供給による製造背景から新型の日野セレガと、路線バスが主とするいすゞガーラはデザイン面では多少の違いはみられますが、基本的な性能や安全性、快適性にほとんど違いはありません。そのため、年齢層の広い団体旅行や親睦を深める慰安旅行、大量の荷物の運搬を要する部活動などにも安心してご利用いただけます。

貸切/パッケージ車の活用シーン

貸切/パッケージ車では以下の活用シーンが想定できます。

・町内会、会社やプライベートで気の合う人たちと旅行
・挙式やご葬儀、法事の移動手段
・学校の合宿や仕事の研修の移動手段

冠婚葬祭や町内会や慰安旅行といった団体旅行、合宿の移動手段として最適です。

リフト車の活用シーン

リフト車では以下の活用シーンが想定できます。

・リフト車であれば、車いす利用者も他の乗客と変わらないガーラの優雅な空間を快適に利用できる
・車いすのまま、スムーズに乗り降りできる
・リフト装置を床下に格納されているにもかかわらず、十分な収納量のトランクルームがある
・車いす利用者がリハビリ旅行や冠婚葬祭の送迎にリフト車を活用できる

いすゞガーラにはSuper Hi-Decker、Hi- Decker、Hi- Decker 9、Hi- Decker VPがあり、利用者の目的に応じて、貸切・パッケージ車、夜間高速/高速路線、リフト車を選択できます。また、サロン席の仕様や乗降のしやすさ、マルチゾーンエアコン、LED照明の読書灯トイレサニタリー装備など乗客の快適さを追求しています。未然に事故を防ぐためのドライバーサポート装置も充実しており、慰安旅行や合宿など大切な社員やご家族の安全を徹底的に守り、ワンランク上の旅行が可能です。いすゞガーラは独特な旅行や移動に最適な移動手段として定評があります。

貸切バス・レンタルバスおすすめ情報

PAGE TOP

  • お電話でのお見積り・ご予約もお気軽にご連絡ください 03-6880-1475
  • WEBからのお問い合わせなら最短5分で回答可能!