エアロクィーンをレンタカー!快適なバス旅行を実現する環境性能とは

高速バスや貸切バスに乗ると、シートベルトの着用をアナウンスで促されます。また、補助席にもシートベルトが取りつけられている車両がある一方で、路線バスにはシートベルトが設置されていません。また、「バスのシートベルトは必ずしなければならないのか?」と詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はバスのシートベルトに関する法律やシートベルトの重要性を中心に解説します。

三菱ふそうエアロクィーンとは?

エアロクィーンエアロクィーンとは「安全性」「経済性」「快適性」をコンセプトにした大型観光バスです。1892年から30年以上さまざまな進化を遂げており、2016年(平成28年)に排出ガス規制に適合させ、2017年には国内大型観光バスでは初となる全車AMTを搭載し、走行感覚、乗り心地、イージードライブ性に磨きをかけています。

また、2019年型のモデルではドライバーの死角となる左側方の安全を監視する「アクティブサイドガードアシスト」やドライバーの異常時に車両が自動で停止する「ドライバー異常時対応システム」なども搭載しており、安全性を向上させている大型観光バスでもあります。

エアロクィーンの特徴

エアロクィーンは乗客が快適に安心して利用できる機能を重視する大型観光バスであり、事故の未然防止や二次災害の防止に長けています。また、バス全体の構成を変えることで充実した快適性を実現しています。

安全装備が充実している

エアロクィーンの安全装置は「ドライバー異常時対応システム」と「火災延焼防止装置」を採用しています。

ドライバー異常時対応システムには、ドライバーの体調が急変し、運転できない状況が起きた際にバスを緊急停止させる機能が備わっています。また、緊急停止ボタンを押すと3.2秒後にブレーキがかかり、減速、停止させます。車内警告ブザーや車外へホーンで、周囲に警告を行う通知機能も備わっています。

さらに、ドライバーが自ら押せるスイッチだけでなく、万が一ドライバーが意識を失った状態でも客室内に乗客が押せるスイッチも装備されており、乗客が異変に気付いた際に乗客自ら操作することが可能です。

火災延焼防止装置とは、火災が起きた際に燃料ホースの流れを止め、二次災害を防ぐ装置を指します。この装置は「火災が起きる原因をなくす」ことを目的としており、満タン時のタンクの低い場所でホースが切れた際、軽油が流れ、散乱した高温の部品に引火することを防ぎます。

客室が快適で過ごしやすい

エアロクィーンはスーパーハイデッカーという種類の大型バスで客室の床が高くなっています。その結果、トランクルームの室内が拡大し、収納スペースが広くなっており、旅行に必要なスーツケースや大きな荷物もトランクに積み、身軽で移動できます。

客席がエンジンなどの駆動部分から離れているため、振動を最小限に抑えられ、スムーズで快適な乗り心地と長時間の乗車でも乗客の負担を減らします。客室のフロアもフラットになり、通路と席の間も段差がなく、車内での移動も負担になりません。その結果、団体客の乗降をスムーズに行えます。

エアロクィーンの利用シーン

「安全性」「経済性」「快適性」をコンセプトにしたエアロクィーンは、町内会や自治会での旅行、修学旅行や遠足での送迎、サークルやゼミの合宿などさまざまな利用シーンで活用できます。

町内会・自治会での旅行

町内会・自治会での旅行エアロクィーンは町内会・自治会での旅行での利用に最適です。目的地へ移動の間も外の景色を楽しめ、交流を深められます。車いすや足の不自由な方でもリフト付きのバスを利用することで乗り降りの負担が少なくなります。また、トイレ付きのバスなら長時間の移動も安心して、ご利用いただけます。

大型の貸切バスは中型や小型に比べ、座席の間隔が広く取られており、長時間の移動でも疲れにくく、ゆったりと快適に過ごせるため、目的地で思う存分楽しめます。

修学旅行や遠足での送迎

修学旅行や遠足での送迎貸切バスなら他のお客さんのことを気にする心配もなく、学生の状況も把握しやすく、集団での行動に便利です。エアロクィーンの車内モニターを使い、さまざまなレクリエーションで交流を深めることができるほか、車内で観光や見学場所の事前説明をすることで時間を有効活用できます。そのため、学校での修学旅行や遠足などの行事におすすめです。

サークルやゼミの合宿

サークルやゼミの合宿大学生の合宿やイベントなどは仲間同士で車を数台出し合い、移動をする事もありますが、運転の負担や手間がかかってしまいます。貸切バスなら専属のドライバーに運転をお願いできるので、仲間全員で移動中のカラオケやゲームを楽しみ、親睦を深めることが可能です。さらにサークルで使う大きな道具があっても、大型バスのトランクスペースは十分なが広さを確保しているため、合宿所まで難なく運ぶことができます。

エアロクィーンを利用する際に知っておきたいポイント

エアロクィーンをはじめ、大型バスを利用する際は知っておきたいポイントがいくつか存在します。貸切バスを検討する際にぜひ参考にしてみてください。

オプションでトイレやリフトが利用できる

高齢者の中には目的地までの移動にトイレや足腰への負担を心配する方がいらっしゃいます。大型貸切バスにはオプションでトイレやリフトを利用できるため、長時間の移動に不安な人でも安心して、ご利用いただけます。リフトで車いすの方でも乗り降りが可能なため、どなたでも快適な移動が可能です。オプションでトイレやリフトを利用したい場合は見積りや予約のタイミングで空きがあるかを事前に確認しておきましょう。

サロンバスの利用で移動中も楽しめる

大型貸切バスではサロンタイプのバスを利用できます。サロンバスとはバスの後部座席を回転させ、コの字型の座席配置にできるタイプのバスです。向い合って座ることができ、テーブルも設置されているため、ゲームやカラオケなどの宴会を車内で行えます。長距離の移動でも退屈することなく、仲間と親睦を深め、楽しい時間を過ごせるため、サロンタイプの貸切バスはおすすめです。

エアロクィーンは「安全性」「経済性」「快適性」をコンセプトに進化し続けた大型バスです。中でもドライバー異常時対応システムや火災延焼防止装置といった安全を確保する設備が充実しており、車体構造を活かした優れた快適性が特徴です。そのため、町内会・自治会での旅行やサークル・ゼミの合宿などに利用できます。繁忙期には予約が混み合うことが想定されるため、オプションを利用する際は早めに予約しましょう。

貸切バス・レンタルバスおすすめ情報

PAGE TOP

最短5分簡単入力!無料お見積りはこちらから