貸切バス お役立ち情報

小型バスの定員は?何人乗れるか調べてみよう

小型バスは、貸切バスの中でも小回りが利くことで利便性が高く、費用も抑えることができるため、特に人気の車種となっています。小型ということで何人乗れるか定員が気になる方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、小型バスの定員について紹介します。

小型バスの定員は何人?

小型バスの定員は正座席で25人までとなり、補助席はありません。 車種や座席表によって乗車可能人数は変わってきますが、ほとんどの車種が21~25人乗りとなっています。

  • 正座席のみの乗車可能人数
    正座席のみの乗車可能人数
  • 小型バスの乗車可能人数
    小型バスの乗車可能人数

小型バスとマイクロバスの違い

貸切バスには、マイクロバス、小型バス、中型バス、大型バスといった種類があります。
バスの種類によって車体のサイズや定員数、貸切料金が異なるため、利用人数や用途に合わせて選びましょう。
また、小型バスと同じく小回りが利く貸切バスとして人気が高いのが、マイクロバスです。
小型バスとマイクロバスの車体サイズはいずれも全長7m程度でサイズに大きな差はなく、どちらも中型バスや大型バスよりもコンパクトな作りになっています。
定員数は小型バスが21〜25人程度、マイクロバスが18〜27人程度となっています。

小型バスとマイクロバスの大きな違いは、トランクルームの有無です。マイクロバスにはトランクルームがありませんが、小型バスにはスーツケース5〜15個積載可能なトランクルームがついています。
また、小型バスはマイクロバスにはないリクライニングシートが搭載されているため、長時間の移動でも快適に過ごせるのがメリットです。トランクルームとリクライニングシートを備えた小型バスは、観光や研修、接待など幅広いシーンで活用することができます。

貸切バスの種類別の定員

貸切バスは種類によって車体のサイズや定員数、貸切料金が異なるため、バスのサイズ毎の大きさや料金をあらかじめ把握したうえで、旅行やイベントの企画を立てると良いでしょう。 貸切バスの種類別の定員数は、以下の通りです。

バスの種類 定員 特徴
小型バス

21~25人(補助席なし)

リクライニングシートを採用しているため、観光や小旅行に最適です。小回りが利き、費用的にも利用しやすいサイズにもかかわらず、トランクルームや充実した車内設備が備わっています。観光や視察・研修、接待などに利用されるケースが多いです。

マイクロバス

18~27人

予算重視で、できるだけ安く貸切バスを利用したいという場合に最適です。貸切料金が最も安いのがメリットですが、荷物を収納できるトランクルームがありません。

中型バス

27人(補助席なし)

シートピッチが広く、大柄な男性でもゆったりとくつろぐことができます。トランクルームがあり、車内設備も充実しているため、観光や視察・研修などの団体旅行や、荷物の量が多いときによく利用されています。

大型バス

45~60人

貸切バスの中で最も車体が大きく、乗車できる人数も多いため、修学旅行や遠足などの学校行事をはじめとする団体旅行に最適です。2階建てバス、トイレ付き、ビールサーバー付きなど、バス会社によってオリジナルのバスを保有しているケースもあります。

※大型バスや中型バスは後ろから2列をコの字に回転させて、11~13席のサロン席にするのが基本です。小型バスの場合、2列以上回転できる車種はほとんどありません。

小型バスの車種と座席表、料金を比較

小型バスの定員は25人ですが、車種や座席表によって何人乗れるかは変わってきます。 小型バスの車種としては、日野自動車「レインボー7」「メルーファ7」、三菱ふそう「エアロミディMJ」 などがあります。 また、小型バスの座席表としては主に以下の2種類があります。

スタンダート小型バス

スタンダードな座席表の場合、小型バスの座席数は車種によって21~25席となるのが一般的です。小型バスに補助席はないため、座席表=定員数となります。
例えば定員が21人の小型バスの場合、スタンダードな座席表であれば、左右それぞれに2席ずつ配列された4席シートが4列あり、最後列のみ5席シートとなっているのが一般的です。
また定員が24人の場合、左右それぞれに2席ずつ配列された4席シートが5列となり、最後列のみ4席シートとなった車種が多いでしょう。

サロン観光車両

小型バスには、最後列の一つ前の席を回転させることで、サロンのようなコの字形の座席表にできるサロン観光車両タイプもあります。サロン観光車両は向かい合って座ることができるため、移動中に宴会やゲームなどのレクレーションを楽しみやすく、団体旅行では特に人気のタイプです。
サロンタイプの座席表の場合、座席数は24席となるのが一般的です。スタンダードタイプと同じく左右それぞれ2席ずつの4席シートが4列あり、最後列のみ5席シート、それ以外にサロン席が4席あります。

小型バスの貸切料金相場

小型バスの料金相場は、出発地となるエリアや移動する距離、予約する時期によって異なります。
例えば東京都内で5時間、100km以内想定で小型バスを予約する場合、貸切料金は52,800円〜が相場です。ただし、サロン観光車両を指定する場合は追加オプション料金を請求されるケースもあるほか、観光需要が高まるシーズンや、土日祝日は料金相場が高くなることがあります。
サロン観光車両の取り扱いの有無や追加オプション料金の有無、時期による料金変動についてはバス会社によって異なるため、事前に見積もりを取って確認しましょう。

  3月~11月 12月~2月
平日 ¥55,000~ ¥52,800~
土日祝 ¥60,500~ ¥58,300~
  • 表示料金は東京都内で5時間100km以内を想定しています。

小型バスをレンタルするときの注意点

小型バスをレンタルするときは、以下の点に注意が必要です。

バスだけのレンタルはできる?

貸切バス会社によっては、小型バスの車両のみをレンタルすることも可能です。
ただし、バスだけをレンタルする場合、バスの運転は自分たちで行わなければいけません。
コンパクトな作りの小型バスですが、車両区分は中型自動車となります。そのため、普通免許で運転することはできず、小型バスを運転するためには中型免許(8t限定なし)もしくは大型免許を取得する必要があります。
また、該当の免許を所有している場合でも、普段からバスを運転している人でなければ、慣れないバスの運転はとても負担になるため、少しの距離の運転でも思った以上に疲れてしまうことがあります。また、小型バスが走行できる道や駐車場を探しながら運転するのは、かなりの手間と時間がかかるでしょう。
小型バスのレンタル料金には運転手1名の金額が含まれていることが一般的なので、特別な費用や申し込みは必要ありません。小型バスの運転はプロに任せるのがおすすめです。

トランクルームに入る荷物の量は?

小型バスには、トランクルームがあります。ただし、トランクルームに入る荷物の量にはスーツケース5〜15個程度と車種によって大きな違いがあります。
「人数分のスーツケースが載せられると思っていたのに、ほとんど荷物が載らなかった」という事態を防ぐためにも、トランクルームに入る荷物の量についてはあらかじめバス会社に確認をしておきましょう。
また、小型バスの定員に対して乗車する人数に余裕がある場合には、空いた座席にスーツケースなど大型の荷物を積載することもできます。旅行の場合は、お土産など帰りの荷物が行きよりも増えてしまうケースが想定されるため、小型バスの乗車人数は荷物を載せるスペースも考慮した上で、余裕を持って設定するのがおすすめです。

バス料金以外にかかる費用はある?

小型バスの利用料金には、バス車両のレンタル料金に加えて運転手1名の料金も含まれているのが一般的です。ただし、高速道路の通行料金や駐車料金、運転手の宿泊代や食事代など料金に含まれない費用もあります。
宿泊での利用や、高速道路での長距離移動を伴う利用の場合は、バス料金以外の料金が高額になるケースもあります。小型バスは中型自動車区分になるため、高速道路の通行料金や駐車料金が普通車より高いことにも注意が必要です。
また、バス料金以外の費用については、当日の実費精算が一般的です。予算に余裕を持つことはもちろん、当日スムーズに精算ができるようにある程度の現金を用意しておきましょう。
ちなみに、高速道路の通行料金については、ETC車載器が搭載された車両であれば、ETCカードで精算することも可能です。

小型バスを予約しよう

大型・中型バスよりも小回りが利いて費用も抑えることができる小型バスは、貸切バスの中でも特に人気が高い車種となっています。
小型バスの定員は21〜25人程度と中型バスと大差がなく、トランクルームがあり、リクライニングシートも採用されています。向かい合わせの座席表にできるサロン観光車両タイプもあるため、団体での旅行や観光、視察や研修など幅広いシーンでご活用いただけるでしょう。

小型バスの利用料金は、大型・中型バスよりも安いのが一般的ですが、バス会社によって料金は異なるため、複数のバス会社に見積もりを取るのがおすすめです。また、車種や車両タイプを指定したい場合は、旅行の日程が決まり次第、早めに予約を取るようにしましょう。

貸切バス専門店のたびの足では、必要事項を入力いただくだけで簡単に複数社見積もりを依頼いただける専門のWEBフォームをご用意しております。お見積もり結果は最短5分で回答が可能です。WEBフォームからのお見積もりは24時間受付しておりますので、お好きな時間にご活用ください。
また、貸切バスの利用にあたって不明点があるという方や、オペレーターに相談しながら予約を進めたいという方に向けて、お電話でのお見積もり・ご予約も承っております。お電話は平日だけでなく土曜日も受付しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

選べる2つの
無料お見積り!

平日・土曜日の16時までに頂いたお見積りは即日回答いたします。さらにWEBからのお申込みならポイントが貯められてとってもお得。入力するのが面倒という方は、お電話での見積りも承っております。

各エリアの貸切バスの料金