小型バスの定員は?何人だと貸切がお得か調査!

旅行や長距離の移動に最適な貸切バス。中でも小型バスは利便性も高く、費用も抑えることができます。今回は意外と知られていない小型バスについて、他のバスの種類と比較しながら、ご紹介します。

小型バスについてご紹介!意外と知らない小型バスについて!

今回は観光バスの最もコンパクトな大きさである小型バスの乗車人数(定員数)について調べてみました。小さいながらも利便性の高い小型バスの魅力をご紹介します!

小型バスの歴史とは?実は今はもうない?

小型バスは小さいながら、トランクルームを備えており、大型バス並みの車内設備(カラオケやサロンタイプなど)を持つ人気の高い移動手段であり、小規模のグループ旅行にオススメの車種でした。 しかし、残念ながら、現在では小型バスの製造はされておらず、これからも希少となっていくことが予想されます。

かつての製造メーカー

・日野自動車「メルファー7」
・三菱ふそう「エアロミディMJ」
・日産ディーゼル工業(現UDトラックス)「スペースランナー7」

しかし、今は「消費」よりも「体験」を重視する消費者ニーズが高まってることから、小型でよりプライベート性の高い小型バスの復活を期待したいですね。

小型バスの定員は何人?

小型バスの乗車定員数は、正座席で25人までとなります。 補助席を含めた乗車可能人数で分類しても、全体の約71%が21~25人乗りとなります。

  • 正座席のみの乗車可能人数
  • 小型バスの乗車可能人数

乗車は何人できる?種類別比較!

小型バスにはスタンダードクラスと、サロン観光クラスの2種類があります。

小型バスの種類 配列 補助席の有無 備考
スタンダート小型バス 2席掛け2席づつ4列/最後尾5席掛け なし 25人乗り小型バス
サロン観光車両 2席掛け2席づつ4列/最後尾5席掛け なし 後ろから2番目の1列をコの字型に回転させ、9席のサロンになる車両もある。

知っているようで知らない、小型バスと他バスとの違い

貸切観光バスは、一般的に大型バス、中型バス、小型バス、マイクロバスの4つに分類されます。貸切人数や料金は、バスの種類によっても大きく変わってきます。

バスの定員

各バスの種類の定員は以下となります。

バスの種類 定員 説明
大型バス 45名~60名 修学旅行や遠足などで利用されることが多いバスの種類です。バス会社によっては2階建てバス、トイレ付き、ビールサーバー付きなどオリジナルのバスを保有しています。
中型バス 27名 中型バスクラスの場合、シートピッチが広く、大柄な男性でもゆったりとくつろぐことができます。荷物が多い海外のお客様には中型バスがよく使われています。
小型バス 21~25名 マイクロバスと異なり、小型バスではリクライニングシートを採用しているため、観光や小旅行に最適です。小回りが利き、費用的にも利用しやすいサイズにもかかわらず、中型バスと同等の機能が備わっています。観光以外にも視察や研修、接待にも対応できます。
マイクロバス 18~27名 『予算重視!』、『できるだけ安く!』というお客様の要望に沿ったサービスが提供できるマイクロバス。価格が安い点が喜ばれますが、荷物を収納できるトランクルームがない唯一のバスです。

※大型バスや中型バスは後ろから2列をコの字に回転させて、11~13席のサロン席にするのが基本です。しかし、小型バスの場合は2列以上回転できる車種はめったにありません。

さらにバスの大きさと料金を比較

貸切バスは大きさと料金も異なります。バスのサイズ毎の大きさや料金を予め把握することで、旅行やイベントの企画を立てましょう。

小型バスを予約しよう!

大型・中型バスは定員人数が多く、団体での移動に最適ですが、費用も高額になる傾向があります。一方で、小型バスは中型バスと同等の定員や機能、トランクルームが備わっているにもかかわらず、費用を安く抑えられます。

貸切バス料金を安く抑えよう!

貸切バスをより安く、お得な料金で手配したい場合、見積りを取り寄せ、バス会社をしっかりと「比較」することが大切です。 見積り依頼はWebから24時間行えますので、旅行の話が出たタイミングで見積りを依頼しましょう。バス会社から回答があったら、料金だけではなく、担当者の対応やサービスなどもしっかり比較し、決定することが大切です。

STEP1 Webの入力フォームに希望条件を入力
STEP2 バス会社から料金見積りが到着
STEP3 複数の料金見積りを比較して、予約するバス会社を決定して、予約

小型バスは定員が25人と中型バスの定員とあまり変わらず、マイクロバスにはないリクライニングシートやトランクルームも備わっています。また、小回りも聞きやすく、小型バスの中にはサロン席にできる小型バスもあるため、旅行にも最適です。その他のサイズのバスとは料金も大きく異なるため、使用する目的に応じて、最適なバスを選択するためにも、まずは見積もりを取ってみましょう!

貸切バス・レンタルバスおすすめ情報

PAGE TOP

最短5分簡単入力!無料お見積りはこちらから