工場視察には貸切バスが便利!目的やメリットを解説

工場視察

工場などの現場を直接見て状況を見極める「工場視察」は、自社の業務改善に欠かせないプロセスです。社長や役員などの経営陣が行うほか、社員研修に取り入れられることもあります。
そんな工場視察の移動手段には、貸切バスが便利です。
今回は、工場視察の目的や貸切バスで移動するメリットなどを紹介します。

工場視察とは

まずは、工場視察を行う目的、「工場見学」との違いを見ていきましょう。

工場視察の目的

工場視察の主な目的は、以下の2点です。

  • 工場に出向いて現場を見ることで、自社の現状を把握する
  • 優良な他社の工場を視察することで、自社と他社の違いを知り、業務改善に取り入れる

自社の工場はもちろん、他社の工場を視察することで、自社の強み・弱みを見極めることができ、これからどのように自社を伸ばしていくべきかを考えることができます。

また工場視察には、現場で実際に働く人の声を聴けるというメリットもあります。
自社の労働環境を直接目で見て把握できるのはもちろん、高い業績を出す優良企業の工場視察を行うことで、生産ラインの仕組みや働く人々の考え方を知る良い機会となるでしょう。

工場見学との違い

工場視察と工場見学は、どちらも「工場を見に行く」という点で違いはありません。
しかし、厳密に言えば異なる意味を持ちます。

「視察」には、「現状を見極める」という意味があり、ただ単に見てまわるだけではなく、注意深く調査・検閲する行為を指します。

一方で、「見学」には「実際に見て知識を深める」という意味があり、学習という要素が含まれています。

そのため、工場視察は役員や社員を対象として、企業研修や業務改善を目的に行われるケースが多いのに対し、工場見学は小中学校の社会科見学など、子どもたちを対象に行われるケースも多くなっています。

工場視察に貸切バスを利用するメリット

貸切バスは、工場視察に便利な移動手段です。
ここからは、工場視察に貸切バスを利用する3つのメリットを紹介します。

工場まで直行できる

大規模な工場を建てるには広い土地が必要なため、街の中心からは離れた場所にあるケースがほとんどです。
そのため、最寄りの駅からバスやタクシーを利用しなければならないことも多く、公共交通機関を乗り継いでアクセスするのは一苦労と言えるでしょう。初めての工場視察では迷ってしまう可能性も考えられます。
貸切バスであれば、オフィスから工場に直行することも可能なので、社員研修など大人数で視察を行う場合も移動がスムーズです。
運転はプロのドライバーに任せられるため、迷うことなく目的地までたどり着くことができます。

移動中に打ち合わせも可能

プライベート空間である貸切バスなら、工場までの移動中に打ち合わせを行うことができます。
車内にモニターやマイクといった設備のある貸切バスを利用すれば、移動中に事前説明や研修などを行うこともできるため、到着後はすぐに視察に入ることができ、時間を有効に活用できます。

交通費を抑えられる

貸切バスの料金は、1台あたりで設定されています。
そのため、乗車人数が増えるほど、1人あたりの交通費を押さえることが可能です。
公共交通機関を乗り継いで向かうよりも、交通費が安くなる可能性も十分あり得ます。
特に、シーズンオフや平日は比較的料金が安いため、事前に貸切バス料金の見積りをとったうえで、工場視察の時期を決めるのもおすすめです。

工場視察に適した貸切バスの種類

工場視察に適した貸切バスとしては、主に以下の3種類が挙げられます。

ミニバス

ミニバスは車体が小さく、小回りが利くため、住宅街や複雑な道でも楽に走行できる貸切バスです。
定員数は最大13名程度で、貸切バスのなかでは最も料金がリーズナブルなので、タクシーを複数台利用するよりも、交通費を安く抑えることが可能です。
ただし、車内にトランクルームやリクライニングシートがないので、長距離移動や荷物の量が多い場合にはあまり適していません。
10名前後の人数で荷物の量も少ない近場の工場視察に適しているでしょう。

マイクロバス

工場視察でよく利用される貸切バスとして、マイクロバスがあります。
定員数は最大27名程度とミニバスよりも人数を乗せることができます。
また、中型バスに比べて小回りが利くため、狭い道での走行もしやすく、利便性が良いのが特徴です。
ただし、マイクロバスにもトランクルームやリクライニングシートはついていません。
長距離移動ではなく、近場の工場視察の際におすすめです。

中型バス

中型バスはゆったりとした乗り心地が特徴で、最大27名程度乗せることができる貸切バスです。
車内にはテレビやDVD、マイクなどの設備が付いていることが多く、会議室代わりに利用することも可能です。サロン付きの車両もあるので、向き合った形で打ち合わせをすることもできるでしょう。
また、中型バスは大型バスより少し小さめの作りですが、トランクルームがあるので、荷物が多くなりがちな場合におすすめです。
リクライニングシートもついているので、長距離での移動でも快適に過ごすことができるでしょう。

工場視察に貸切バスを予約する方法

工場視察に適した貸切バスの予約は、貸切バス会社に直接電話をするか、または一括見積りサービスを利用するのがおすすめです。
たびの足では、24時間受付可能なWEB無料見積りフォームをご用意しています。
また、お電話の見積り・予約受付、Zoomを活用したオンライン相談サービス(事前予約制)にて、お客様のケースに合わせた最適なプランをご提案いたします。
貸切バスの車種選びや移動スケジュールに不安がある方も、お気軽にご相談ください。

工場視察に貸切バスを予約する際は、たびの足の一括見積りをぜひご活用ください。

選べる2つの
無料お見積り!

平日・土曜日の16時までに頂いたお見積りは即日回答いたします(※日程や行程、台数によってはこの限りではございません。)。さらにWEBからのお申込みならポイントが貯められてとってもお得。入力するのが面倒という方は、お電話での見積りも承っております。

ビジネス利用のおすすめ情報