葬式の送迎バス

葬式

葬式では、参列者を送迎する貸切バスの利用がおすすめです。 送迎バスを手配しておけば、葬儀場へのアクセスが悪い場合や葬儀場から火葬場までが遠い場合、葬式の参列者にご高齢の方が多い場合でも、全員一緒に移動することができて安心です。

葬式で送迎バスを手配するメリット

まずは、葬式で送迎バスを利用するメリットについて紹介します。

  • 乗降場所を自由に設定できる

    葬儀会社に手配してもらう送迎バスの場合、乗降場所が最寄り駅から葬儀場、葬儀場から火葬場など限定的になる場合があります。しかし、貸切バスを利用すれば、乗降場所を自由に設定できるため、自宅から親せき宅を回送して葬儀場へ向かうことも可能です。 また、葬式を終えた後で葬儀場から火葬場まで移動、寺院までの移動にも同じ貸切バスを利用することができます。

  • プロのドライバーに運転を任せられる

    葬式では、故人を偲んで献杯をし、お酒を飲むことがあります。しかし、自家用車での移動の場合、運転手はお酒を飲むことができません。
    また、お通夜の夜には線香の火を絶やさずにいる風習があり、一睡もせずに「寝ずの番」をしている方は運転をすることが難しいでしょう。
    送迎バスを手配すれば、プロのドライバーに運転を任せられるため、お通夜や葬式の運営に気を回すことができます。

  • スケジュールが立てやすい

    それぞれが自家用車や公共交通機関で葬儀場に移動する場合、時間の間違いや予期せぬトラブルで予定の時刻に親族が揃わないことがあります。親族が予定通り揃わなければ、親族写真の撮影や食事の時間などが後ろ倒しになり、葬式のスケジュールが上手く進まない事態になりかねません。
    送迎バスを手配すれば、場所や時間を間違える心配はなく、お通夜や告別式のタイムスケジュールが立てやすくなるでしょう。

  • 和装でも移動がしやすい

    葬式に参列される方の中には、和装に草履という歩きにくい恰好をされている方もいらっしゃいます。また、喪服であっても女性はヒールを履いているケースが多いため、長距離の移動は負担に思われるでしょう。
    ご高齢者やお子様に限らず、葬式では「送迎バスでの移動の方がありがたい」と感じる方はたくさんいらっしゃいます。

葬式の送迎バスにかかる費用

葬式の際、個人で送迎バスを手配するとなると、どれくらいの費用がかかるのかは気になるところでしょう。 貸切バスの料金は、送迎する人数やバスの大きさ、移動距離などによって決まります。 また、平日よりも土日の方が料金が高く設定されているケースが多いです。他にも、季節(時期)や予約するタイミングによって料金が変わることもあります。 ちなみに、貸切バスのレンタル料金には、当日利用する高速道路の通行料金や駐車料金は含まれていません。当日実費精算が必要となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

葬式で手配する送迎バスの選び方

続いては、葬式で手配する送迎バスの選び方について説明します。

人数に合わせて大きさを決める

まずは、葬式で送迎する人数に合わせて用意するバスの大きさを決めます。貸切バスの種類には、以下のようなものがあります。

貸切バスの種類 送迎人数
ミニバス 13名以下
小型・マイクロバス 14名~24名程度
中型バス 25名~27名程度
大型バス ~53名

運行ルートを決める

葬式の送迎用に手配する貸切バスの種類が決まったら、乗降場所を決めましょう。
どこから出発してどこに到着するのか、行きと帰りのルートを決め、走行距離と移動時間を概算しておきます。

駐車スペースがあるか確認する

葬式で送迎バスを手配する際は、乗降場所に十分な駐車スペースを確保できるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。
広い駐車スペースがない場合には、手配する送迎バスのサイズを小さくする、近くの駐車場がないか探すなどの対応が必要です。

料金を確認する

貸切バスの料金は、送迎する人数や距離などの条件が同じでも、バス会社やバスの種類ごとに料金は異なります。葬式の送迎バスは手配までに時間的な余裕がないケースも多いですが、出来る限り複数社に見積もりを依頼し、納得できる料金で契約するようにしましょう。

葬式で送迎バスを利用するときのマナー

バスに乗る順番は?

葬儀場から火葬場へ向かう際には、喪主は位牌を持って故人が乗る霊柩車に同乗するのが一般的です。そのあとにタクシー、送迎バスが続くようになります。
送迎バスに乗る順番に明確な決まりはありませんが、「野辺送り」のしきたりに準じて故人との関係が深い人から乗り込むようにすると良いでしょう。

バスが走る順番は?

葬儀場から火葬場へ向かう際、霊柩車(故人・喪主が乗る)、タクシー(遺影を持った遺族が乗る)、送迎バス(その他の遺族・親族が乗る)の順番で走るのが習わしとなっています。
とはいえ、ご高齢でバスへ乗り込むのが困難な遺族・親族がいる場合には、遺影の乗ったタクシーに乗り合わせるようにしましょう。

行きと帰りは違う道を通る

昔からの風習として、「火葬場へ行く道と、帰りの道は重ならないようにする」というものがあります。これには、故人の霊が間違って帰ってきてしまわないようにする(故人の成仏を助ける)目的があるとされています。また、時間に余裕があるなら、火葬場までの行きの道では、故人が好きだった場所や長年務めていた職場など、故人にゆかりがある場所を通って向かうのも良いでしょう。
送迎バスがない場合、霊柩車やタクシーに続いて自家用車で火葬場まで向かうことになりますが、「行きと帰りで違う道順を覚えられるか不安」という方も多いでしょう。霊柩車の後ろに車列を組んで移動していても、信号などではぐれてしまう可能性もあります。
送迎バスを利用すれば、運転をプロのドライバーに安心して任せられるので、道順を間違える心配もありません。

葬式の送迎バスの運転手にお礼は必要?

葬式で送迎バスを手配する場合、長時間に渡って安全運転をしてくださった運転手さんにお礼をしたほうが良いのでは…と考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、運転手への報酬は送迎バスのレンタル費用に含まれているため、基本的に運転手への心づけは不要です。
それでも、良くしてもらった運転手さんに何かお礼がしたいという場合には、3,000円程度の心づけを渡すようにしましょう。お金ではなく、飲み物やお菓子などを差し入れする方法もあります。

葬式の送迎バス利用はお気軽にご相談ください

葬式の送迎バスを利用するメリットや知っておきたいマナーなどについてまとめてご紹介しました。送迎バスを利用することで、移動時の負担がなくなり、故人をゆっくりと偲ぶ余裕が生まれます。
特に、葬式にご高齢の参列者が多い場合や葬儀場のアクセスが良くない場合には、貸切バスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
バスの大きさや種類によって料金が異なりますので、お見積りについてはお気軽にご相談ください。

PAGE TOP

  • お電話でのお見積り・ご予約もお気軽にご連絡ください 03-6880-1475
  • WEBからのお問い合わせなら最短5分で回答可能!