美味しいモノを沢山食べたい! 広島グルメベスト5

南側には瀬戸内海が広がり、北側には中国山地がそびえる広島にはおいしい海の幸、山の幸がいっぱいあります。その中でも特に広島を訪れた際には食べておきたいグルメを5つ選んでご紹介しましょう。

広島では当然広島風とは言わない「お好み焼き」

広島のお好み焼きは、生地が薄く、キャベツがたっぷり。麺も入っていますが、大阪でいうモダン焼きとは別物です。おいしくて安い広島お好み焼きを食べたければ、なるべく地元の人が多いお店を探して入るのがポイントです。地元の人をうならせる絶品お好み焼きに出会えればよい旅の思い出になるでしょう。

坂道の多い街のご当地ラーメン「尾道ラーメン」

尾道ラーメンは、しょうゆ味のスープに平打ち麺、そして何よりも豚背油のミンチでコクを出している点が特徴のご当地ラーメンです。瀬戸内海に面した街らしく、小魚で取っただしが使われている点も尾道ラーメンの特徴です。

養殖量日本一の「牡蠣」を使った料理

広島は牡蠣の養殖量日本一を誇る県でもあります。何と殻つきの牡蠣とむき身の牡蠣、両方を合せると日本の牡蠣生産量の約6割を広島が占めています。牡蠣のおいしい季節には、焼きたての牡蠣を食べさせてくれる牡蠣小屋があっちこっちに登場します。

宮島に行ったらぜひ食べたい「あなごめし」

宮島の郷土料理と言えばあなごめし。瀬戸内海のあなごを甘辛いたれで香ばしくかば焼きにし、ご飯の上にたっぷりと盛り付けてあります。宮島のあなご飯に使われているあなごは肉厚で身はふわふわ。うなぎとは違い、最後まであっさりと食べられます。

広島市では当たり前の「汁なし坦々麺」

担担麺はごま風味の辛いラーメンで、一般的には汁のあるものですが、広島市内では汁なしの担担麺が人気です。元々中国四川省の担担麺も汁が無く、それがそのまま伝わったものだと言われています。唐辛子だけでなく山椒や花椒のピリッとした辛さが特徴です。

PAGE TOP

  • お電話でのお見積り・ご予約もお気軽にご連絡ください 03-6880-1475
  • WEBからのお問い合わせなら最短5分で回答可能!