シャトルバスのレンタルをお得に!活用方法やメリットについて

シャトルバス(貸切バス)のレンタルは利用者の希望に沿った移動が可能です。また、安全を確保した上で大人数での移動ができ、移動時間を有効活用できます。今回はシャトルバスの特徴や種類、メリット、さらに予約方法を中心にご紹介します。

シャトルバスをレンタル(貸切バス)にするメリット

団体移動に便利なシャトルバス。企業や施設が保有している場合も多く、利用目的に応じた柔軟な使い方が可能です。一方で、シャトルバスは貸切バスとして、一般の人でもレンタルできます。

シャトルバスとは

シャトルバスとは、集合場所と目的地(一定の区間)を、休みなく往復し、人・物資を移動させる、または繋げる送迎バスを指します。主に空港から駅、駅からイベント会場までつなぐ移動手段として利用されています。深夜に出発し、早朝空港への到達、早朝フライトに間に合わせるなどのサービスも行っている提供会社もあります。公共交通機関で運行不能となった場合には移動代行の手段としても利用されています。

貸切バスを貸し切る?

貸切バスとは、シャトルバスと同様に、集合場所から目的地へと運行するシャトルバスのレンタルサービスです。シャトルバスとは異なり、お客様の利用シーンに応じた車種やオプションの選択ができます。

大人数でも安心

大人数だと、乗り合いのシャトルバスでは全員乗り込めないことがあります。しかし、貸切のバスであれば、事前に乗客数を申請するため、必ず全員が乗り込めます。また、荷物もトランクルームに載せられるため、他人の邪魔になりにくく、快適に目的地まで移動できます。さらに足腰の悪い年配の方や小さなお子さんとも移動しやすく、利用者の希望する集合場所を自由に設定できます。

時間の有効利用

貸切バスは、指定した時間ぴったりに送迎してくれるため、待ち時間も少なく、乗り込みがスムーズに行えます。また、乗車場所も好きな場所を指摘でき、複数の場所に迎えに行くことも可能です。車内は完全なプライベート空間となるため、ビジネス上の会話や同僚同士の交流もでき、移動中も時間を無駄にすることなく、有意義な時間を過ごせます。また、公共交通機関と異なり、関係のない周囲の乗客に気をつかうことなく、会話や景色を楽しみながら、移動できます。

貸切バス利用のメリット

貸切バスは社員研修や会社主催の展示会・イベントなど公共交通機関を利用した移動が難しい利用シーンに最適です。

社員研修での活用例

会社の新人研修で長期的な合宿を行う場合、新人社員の送迎手段として貸切バスを利用すると多くのメリットが得られます。

【移動時間にできること】
移動時間では社員同士の交流や研修の事前打ち合わせ、研修課題への集中を促せます。モニター付きの大型貸切バスであれば、研修会場への移動中に会社案内DVDの上映が可能です。

【コストの削減】
個人で移動する場合、参加した社員自らが研修後に経費申請をしなければならず、その対応にも人件費が必要です。また、参加人数が多いと、費用も高く、手間もかかってしまいます。
しかし、貸切バスを利用して、全員で移動すれば、費用や手間などのコストをカットできます。

会社主催の展示会での活用例

会社主催でイベントや展示会を行う際、最寄り駅から会場までの送迎を貸切バスを利用すれば、来場者を迷わすことなく、スムーズに誘導でき、来場者数増加も見込めます。

【混雑の緩和】
来場されるお客様が一般のバスまたはシャトルバスを利用すると、普段からバスを利用する乗客と乗り合わせることになるため、混雑したバス内に長時間拘束されてしまいます。会社専用のシャトルバスを用意することで、来場するお客様に不要な待ち時間を与えず、ストレスなく、会場に案内できます。

【車内で事前に内容を通達できる】
貸切バスの中は完全なプライベート空間となるため、展示会のパンフレット・冊子・アンケートを配布し、効率的な展示会・イベント運用や来場者満足度の向上が期待できます。また、貸切バスでは専任のドライバーを派遣してもらえるため、主催者側はお客様の安全を確保しながら、展示会・イベント運営に集中できます。

シャトルバスをレンタルする方法

シャトルバスをレンタルする際はそのほかの公共交通機関の予約方法とは異なり、注意点もあります。

予約の流れ

シャトルバスはインターネットもしくは電話・FAXで、バス会社に見積もりの提出依頼を出します。見積もりに必要な内容は「利用日」、「出発地・時間」、「目的地」、「終了場所・時間」、「乗車人数」、「車種」となります。

【関連】各エリアの貸切バスの料金/貸切バス たびの足

見積もりの内容を確認して、見積回答と予約申込(会員登録)を行いましょう。また、シャトルバスのレンタルは前金制(料金を事前に支払う)を採用しています。一方で、駐車場料金、フェリー代など現地で必要な費用は、当日現金払いとなります。そのため、シャトルバス用の現金は必ず用意しましょう。出発予定日が近くなったら、レンタル会社と最終打ち合わせを行います。人数や出発地・時間、乗車人数など当日まで変更が起きやすい項目を再度確認しましょう。

【関連】ご利用案内&注意事項/貸切バス たびの足

お得に利用するには

シャトルバスをお得に利用するには、乗車人数に対して適切なサイズのバスを手配することが大切です。また、連休時期、行楽シーズンは料金が高くなるので、これらの時期を避けるとお得に利用できます。また、シャトルバスは1日200~250kmまでが基本料金となり、それを超えると料金が割増しとなります。通常8~9時間が1日の料金、利用時間が長いほど料金が高くなり、土日を挟んだ場合も高くなります。そのため、同じ日数でも旅程次第で費用が抑えられることもあるため、申し込む前にしっかりと下調べをしておきましょう。

バスを貸し切る際の注意点

シャトルバスを貸し切る場合、集合場所や現地でのバス待機場所も自ら確保しておかなければいけません。そのため、集合場所や目的地でレンタルしたバスが停車できる場所を事前に把握し、可能であれば、場所を押さえておきましょう。

また、バス配車時間は、原則としてご出発時間の15分前となります。幹事の方は早めに集合所で待機しておきます。シャトルバス内で発生したゴミは各自で処理、持ち帰りが原則です。乗車するメンバーに周知しておきましょう。万が一、車内の破損が発生した場合は不意・故意にかかわらず、修理費用は後日に請求されます。

シャトルバスの予約決定後、出発日から2週間より前であれば、キャンセルチャージはかかりません。しかし、2週間~当日では20%~100%のキャンセルチャージが発生します。

シャトルバスを含む貸切バスのレンタル料金や走行時間は法律によって決まっています。そのため、コスト削減や値下げ交渉を前提とした無理な要求は控えましょう。ルールやマナーを守ることが快適な貸切バスの利用につながります。

レンタルできるバスの特徴

レンタルできるバスはミニバスやマイクロバスといった小型から、団体旅行に最適な大型バスまで幅広く揃っています。また、利用者の希望によりさまざまなオプションを追加できます。
※料金は地域、時期によっても変動します。

ミニバス

ミニバスミニバスの乗車人数目安は13名程度であり、企業の技術研修や視察、観光や冠婚葬祭などの比較的短い距離の移動に最適です。人数が少なければ、座席にスーツケースや荷物を載せることもできます。レンタル料金は約55,000円~約85,000(税別)円が目安となっています。

マイクロバス

マイクロバスマイクロバスの乗車人数目安は18~27名程度であり、視察研修から冠婚葬祭の送迎、観光旅行、少人数での旅行などに最適です。比較的短い距離で、会社主催の展示会やイベントなど一度に多くの乗客を移動させたいとき、効率よく運用できます。レンタル料金は約55,000円~約85,000(税別)円が目安となります。

小型バス

小型バス小型バスの乗車人数目安は21~24名程度であり、少人数の観光利用、視察研修などにおすすめです。マイクロバスに比べて、移動中も車内で快適に過ごせるため、長距離の移動を必要とする観光旅行や合宿にも向いています。レンタル料金は約55,000円~約85,000(税別)円が目安となります。

中型バス

中型バス中型バスの乗車人数目安は27名程度であり、比較的に乗車する人数が多い自治体の慰安旅行やサークル活動、合宿に最適です。また、大切なお客様の接待(ゴルフコンペ)や社員旅行とも相性が良く、広いトランクルームも備わっているため、スーツケースやゴルフクラブの運搬も可能です。レンタル料金は約69,000円~約103,000(税別)となります。

大型バス

大型バス大型バスの乗車人数目安は35~53名程度であり、修学旅行や団体での視察、部活の合宿、町内会の旅行など、大人数での旅行や合宿などに最適です。また、大型バスにはビールサーバやサロン席(後方座席を向かい合わせにできる座席)、トイレ付きなどのオプション(有料)があり、利用者が快適に過ごせる車種を選択できます。レンタル料金は約83,000円~約120,000円(税別)となります。

シャトルバスのレンタルは、お客様や社員といった大切な乗客の移動手段として最適であり、企画担当者にも負担が少ないため、社員研修や会社主催の展示会・イベントの進行に集中できます。また、完全なプライベート空間が確保されており、時間の有効活用や大人数での効率的な移動が可能です。シャトルバスのレンタルは事前予約が必要ですが、利用する時期や車種によって、お得に利用できます。一方で、バスの待機場所の確保やバスの配車時間、キャンセルチャージ、ゴミの各自持ち帰りなどの注意点もしっかりと把握しておきましょう。

貸切バス・レンタルバスおすすめ情報

PAGE TOP

最短5分簡単入力!無料お見積りはこちらから