サロンバスで移動時間がより楽しく!特徴や利用シーンをご紹介!

自治体の慰安旅行やサークルの合宿・旅行の移動手段として、サロンバスを利用する方が増えています。通常の貸切バスよりも移動時間を快適かつ楽しく過ごせるため、おすすめです。今回はサロンバスの特徴や利用シーン、サロンバスをレンタルする際のポイントをご紹介します。

サロンバスとは?

サロンバスサロンバスとは貸切バスのオプションのひとつで、車内の後部座席を回転させ、コの字に座席配置ができるバスです。路線バスや電車などの公共交通機関では周りに気を使わなくてはいけず、貸切バスでも隣の席以外とはコミュニケーションが取りづらいデメリットがあります。しかし、サロンバスは座席が向かい合っているため、互いに顔を合わせながら会話ができ、宴会でゲームやカラオケ、部活でのミーティングなど目的にあったさまざまな利用が可能です。そのため、サロンバスは旅行や合宿、遠征などの移動時間も有意義に過ごしたい方におすすめです。

サロンバスの種類と座席数目安

サロンバスは大型、中型、小型の3種類の貸切バスから選択できます。以下がサロンバスの種類毎の座席数目安となります。

バスの種類 乗車人数とサロン仕様
大型貸切サロンバス 乗車人数目安は45名程度
後部座席の2列を回転させ、サロンシートは13席
中型貸切サロンバス 乗車人数目安は27名程度
後部座席の1~2列を回転させ、サロンシートは7~11席
小型貸切サロンバス 乗車人数目安は24名程度
後部座席の1列を回転させサロンシートは9席

※車両により座席数、レイアウトが異なるため、正確な座席数・レイアウトは見積り・予約時にご確認ください

中型・小型サロンバス、トイレ付き・豪華内装の大型バスを利用する際は早めに空き状況の確認・相談をすることをおすすめします。

利用料金

サロンバス利用料金の目安は以下となります。

バスの種類 利用料金
大型貸切サロンバス 90,000円(税抜)~
中型貸切サロンバス 75,000円(税抜)~
小型貸切サロンバス 65,000円(税抜)~

貸切バスの料金は「時間制運賃+キロ制運賃+安全対策費用(運転手の人件費、ガソリン代、損害賠償責任保険を含む)」で計算します。繁忙期になると閑散期に比べて約2~4万円の差がでることがあります。

また、利用時間は1日8~9時間、利用距離は1日200~250kmが基本料金となり、この制限を超えると料金が高くなります。オプション利用の中には貸切バスの料金に含まれていない費用もあるので注意が必要です。
※有料道路の利用、目的地での駐車料金、バスガイド利用、深夜早朝運行に必要な運転手の増員など

サロンバスタイプの車輌は1日あたり約3,000円のオプション料金が発生します。正確な利用料金は見積もりで確認しましょう。

内装

サロンバスにはバスの移動を快適する、さまざまな設備が備わっています。

カラオケ【カラオケ】
カラオケは貸切バスの中でも人気のオプションであり、年齢に関係なく、幅広い世代で楽しめます。カラオケはみんなで楽しめ、一体感が生む効果があります。

テレビ ビデオ【テレビ、ビデオ】
スポーツクラブの試合の映像を流し、試合前に相手チームの分析や試合後の反省会ができます。また、旅行で撮った映像を流し、楽しかった思い出を振り返れます。しかし、レンタルビデオ店で借りたDVDの上映は著作権侵害にあたるため、上映できません。バス会社が許可を得て借りたレンタルDVD、または個人で撮影されたDVDは上映可能です。

生ビール【ビールサーバー】
ビールサーバー付きオプションは冷えた生ビールを飲みたいときに好きなだけ注げます。サロンバスであれば、みんなでテーブルを囲んで、お酒を飲みながら旅を楽しめます。また、車内にトイレが付いていれば、渋滞時でも気にせず、ビールを飲み続けられます。

サロンバスの利用シーンをご紹介

サロンバスは座席をコの字に向かい合わることで、さまざまな利用シーンに活用でき、移動時間を有効活用できます。

スポーツクラブの遠征のミーティングに

貸切バスは乗り換えや重たい荷物の運搬といった選手への負担が減り、ベストなコンディションで試合や大会に臨めます。サロンバスであれば、試合前には対戦相手の対策を、試合後は反省会などテーブルを囲んで、ミーティングしながらの移動が可能です。試合後は祝勝会として食事会にも活用できます。

サークル仲間との楽しい交流に

サークル活動ではマイカーやレンタカーで移動することが多く、運転する方に手間や負担がかかってしまい、移動中の行動も制限されてしまいます。貸切バスでは専属の運転手が付くため、サークルの仲間全員が車内でくつろぎながら移動を楽しめます。サロンバスであれば、ビールサーバーを利用して、宴会を開くことも可能です。移動中に親睦を深め、サークルメンバーの結束力が高められます。

複数家族での旅行に

複数家族の旅行で公共交通機関を利用すると、同伴する子どもに注意を払わなくてはいけません。貸切バスであれば、公共交通機関ほど周りの方に気を使わなくてよく、大人もゆっくり過ごせます。サロンバスであれば、大人と子どもが一緒になってゲームやカラオケを楽しめ、家族同士で食事を持ち寄ってのパーティーを開催ができます。そのため、移動時間も素敵なご家族の旅の思い出をつくれます。

サロンバスをレンタルする際のポイント

サロンバスを利用すれば、通常の貸切バスとは異なる、楽しく快適な旅を過ごすことができます。今回はサロンバスを利用する際のポイントをご紹介します。

レンタルは運転手つきのみ

バス単体でのレンタルはマイクロバスタイプだけとなります。また、旅客運送を行っている有料貸切バスには緑ナンバーがついています。そのため、緑ナンバーの貸切バスを利用する際は必ず運転手をつけなくてはいけません。サロンバスは大型・中型・小型のみのオプションであり、利用する際は運転手付きの貸切バスレンタルとなります。

レンタルするまでの流れ

貸切バスをレンタルするには、以下の手順に沿って、予約しましょう。

1.利用したいバスを選び、見積もりを依頼する
※見積もりの際に必要な項目は利用日、出発場所・時間、終了場所・時間、乗車人数、行き先、車種となります。
2.予約希望の日に利用したいサロンバスやオプションが利用可能かどうかを確認する
3.見積もりの確認ができたら、予約申込を行う
4.予約申込には会員登録が必要なため、会員登録を行う
5.事前に利用料金の支払いを済ませる
6.運行日が近くなったら、時間・人数・行程の最終確認をする

キャンセルの際はキャンセル料が発生するため、キャンセルチャージの利用規約を入念に確認しておきましょう。

セーフティーマークのある貸切バスなら安心

セーフティーバスマークとは、日本バス協会が実施している厳選な審査をクリアした事業所に配布されるマークステッカーです。有効期間は2年間で、継続させるためには必ず審査を受けなければいけません。更新時期だけ安全性への取り組みを強化する事業者を排除するための審査制度があるため、乗客は安心して貸切バスを利用できます。

セーフティーバスマークの有無は「安全への取り組みを長期的に行っている優良な貸切バス事業所である」と判断できます。貸切バスを利用する際はセーフティーバスマークがある貸切バス事業所がおすすめです。

後部座席を回転させ、コの字型に座席配置できる貸切バスのサロンバスは、快適で楽しい移動時間を提供してくれます。向かい合わせにすることで、スポーツクラブの遠征時のミーティングやサークル仲間との楽しい交流、複数家族での旅行に最適です。また、サロンバスは運転手付きの貸切バスのみとなっており、レンタルする際は料金や車種(大型、中型、小型)を確認し、事前予約が必要です。利用する際はしっかりと計画を立てて、事前に予約しておきましょう。

貸切バス・レンタルバスおすすめ情報

PAGE TOP

最短5分簡単入力!無料お見積りはこちらから