Webからのお見積り

お電話でのお問合せ

FAXでのお見積り

マイクロバス

  • 定員
    18~27名程度
    特徴
    マイクロバスはバス会社によって座席図やオプションが変わってきますが、一般的には下記のような特徴がございます。
    • ■メリット
    • 貸切バスの中でもリーズナブル
    • 様々な用途で利用できるためとても利便性が良い
    • サイズも丁度良いため、大型バスや中型バスを借りるには人数が多いという場合に利用しやすい
    • ■デメリット
    • トランクルームがないため、荷物が多い場合は適さないケースも
    有料道路区分 : 中型車

マイクロバスの車内・設備

  • シンプルな車内

    シンプルな車内
  • 荷物はトランクルームが無くても車内に積載可能

    荷物はトランクルームが無くても車内に積載可能

※バス会社により車種・色が異なります.

Webでのお見積り・ご予約はこちら

電話でのお見積り・ご予約はこちら
03-6880-1475平日 9:00〜17:30 土日・祝日 8:30〜18:30

マイクロバスの使い方

座席図の例

タイプ 座席図 座席数 補助席 全座席
  21 6 27
  18 5 23

※このページで使われている貸切バスの写真や座席図はイメージ写真です。

リーズナブルなマイクロバスのレンタル価格

他の貸切バスと比較しても、マイクロバスはミニバスと並びリーズナブルな車種となります。
そのため、人数によってはレンタカーを数台借りるよりもマイクロバスを一台借りたほうがお安くすむケースもございます。
レンタカーを複数借りなければいけないような人数の場合は、ぜひ一度たびの足へお問い合わせ下さい!

サイズも丁度いい!マイクロバスの乗車人数

マイクロバスは、通常18席から補助席を含めて23席のバスです。 サイズ的には小型バス、中型バスより小さく、定員数は18~27名程度となっています。
中には、正座席21席、補助席を含めて27席のバスもございます。

様々なシーンでご利用頂けるマイクロバスの利用用途

マイクロバスの用途は視察研修から冠婚葬祭の送迎、観光旅行など様々なシーンでご利用いただきやすい車です。
送迎からちょっとした移動、少人数での旅行などには特にオススメです!
またマイクロバスは、バス会社によってオプション装備(カラオケ・DVDレコーダーの設置等)が変わってきますので、バスでの移動時間もお楽しみいただきたい場合にはお問い合わせ下さい。

尚、小型バスとは異なり、マイクロバスにはトランクルームがありません。
人数や荷物が多い場合や、定員人数ぎりぎりの場合、小型バスの方が適していることがあります。

但し、そういった場合にはお使いいただく用途から最適な貸切バスのご提案もしておりますので、まずはお気軽に相談ください。

マイクロバスの種類、乗車人数は?

たびの足では、補助席を含む全座席27席と、23席のマイクロバスをご用意しております。補助席を使った場合、ご提示している座席分の人数でご利用が可能です。しかし、マイクロバスにはトランクルームがないため、1泊2日の短期旅行やスポーツイベント、合宿でご利用される場合は荷物を積むスペースを考慮した上で、ご検討いただく必要がございます。スーツケースや合宿の備品をお持込の場合は2~4人(補助席除く)の空スペースを確保した乗車人数でご利用されることをおすすめいたします。

マイクロバスのおすすめ利用曜日は?

マイクロバスは小回りが利き、短時間の移動での利便性が高い貸切バスです。そのため、冠婚葬祭の送迎や日帰りのスポーツ遠征などにも利用されるため、他の貸切バスと比べても土日・祝日の予約が取りづらく、費用も高くなる傾向があります。中でも日曜日の予約が高く、次いで祝日・土曜日が人気となっています。また、平日では翌日休みの金曜日が利用しにくい曜日といえます。平日であれば、基本的に予約しやすいですが、月曜日や水曜日などは比較的利用しやすい傾向がみられます。

出発エリア次第では費用が高くなる!?

マイクロバスに限らず、貸切バスは東京や大阪、名古屋、福岡といった主要都市や、京都などの人気観光都市での需要が高いといえます。また、都市部には第人数で利用できるレジャーやスポーツ施設なども少ないため、隣接する都道府県に少し足を伸ばすケースも多いため、マイクロバスの利用も人気です。少しでも費用負担を抑えたい場合は、集合場所を主要都市以外の場所、もしくは貸切バス会社の倉庫近くにすることがおすすめです。また、目的地近くまでは公共交通機関を利用し、到着地でマイクロバスを利用するのも良いでしょう。

オプション有無をしっかりとチェック

マイクロバスを含む貸切バスの基本料金は、貸切バスの貸切費用やガソリン代、ドライバー費用が含まれていることが一般的です。これらの基本料金に移動距離や利用時間を換算した費用が請求されます。また、高速道路などの有料道路やバスガイド、早朝・深夜運行のための乗務員の増員、保険の加入といったオプションを利用する場合、追加費用が必要です。マイクロバスに関しては、比較的短時間・短距離での利用が多いため、これらのオプションを気にする機会が少ないですが、利便性や移動時間の短縮などを検討されている方は、別途オプションの追加を検討してみてるのもおすすめです。

貸切バスの新料金制度を確認しよう!

マイクロバスを含む貸切バスの利用料金は、過剰な低価格競争による安全軽視の運行を防ぎ、利用者の安全を守るためにスタートした新料金制度に定められています。

新料金制度では、貸切バスの利用料金は「利用時間+移動距離+安全対策」にかかる費用の合計が請求されます。

一般的にマイクロバスの利用料金は、乗車人数20人未満の場合、必要となる利用料金は約5,8000~87,000円となります。

※都市部出発の日帰り旅行(平日の昼間往復:移動時間約10時間、移動距離250km以内)を想定 ※安全対策(出発前後のバス会社によるメンテナンス作業)の費用は含めずに計算
※新制度におけるマイクロバスの時間制運賃(1時間あたり)とキロ制運賃(1kmあたり)の上限・下限は以下となります。
時間制運賃:上限5,560円、下限3,850円
キロ制運賃:上限120円、下限80円

詳しくは、国土交通省が発行する新料金制度をご確認ください。

各エリアのマイクロバスの料金

マイクロバス ご利用者の声

大阪府 Y.Uさん 2018/05/02 16:32 (Wed)

価格も良心的でした

サークルでBBQをすることになり、利用しました。なるべく費用を安く済ませたかったのですが、こちらのマイクロバスは補助席も使えたので、大人数での移動も問題ありませんでした。空いている席には持込用の食材やお酒、その他必要な荷物も置けたので、お金のない学生には大助かりです笑

東京都 T.Oさん 2018/04/12 17:19 (Tue)

展示会への移動手段として最適でした

年に一度に行なわれる弊社の展示会で毎年利用させていただいております。全国からお客様がいらっしゃるので、最寄駅から展示会場まで何度も送迎しなければいけません。専任のドライバーも派遣していただけたので、本業である展示会の進行や営業活動に集中でき、助かっています。

山梨県 A.Kさん 2018/04/07 20:38 (Sat)

補助席も使えたので、ちょうど良かったです

小型バスでは乗車人数が少なく、目的地までも近いため、中型バスを借りようか悩んでいました。「たびの足」さんに相談したところ、補助席が使えるマイクロバスを勧められました。補助席を使ったところ、参加人数25人全員が利用できた上、費用も安く済んだので、一石二鳥でした。

千葉県 M.Sさん 2018/03/30 07:09 (Fri)

町内会の集まりに最適です

町内会で子供を連れて、テーマパークに行くことになりました。目的地まで、どうやって大勢の子供と一緒に向かおうか悩んでいました。そこでマイクロバスを利用させていただいたのですが、座席も多く、しかも安全運転で送迎していただきました。母親としてもとても満足しています。

PAGE TOP

最短5分簡単入力!無料お見積りはこちらから