Webからのお見積り

お電話でのお問合せ

FAXでのお見積り

東京観光を貸切バスで楽しむ
-貸切バス相場情報

東京観光に行って見たいけど、友達だけで気兼ねなく自分たちの希望の行きたいところだけに行って見たい!という方はいらっしゃいませんか?そんな東京観光の場合は、貸切バスを使って自分たちで計画できる旅行を計画できます。

貸切バス

貸切バスっていくらくらいかかるの?貸切バス値段の仕組み

貸切バスの値段の仕組みは、まず貸切バスのサイズによって金額が決まります。大型バス、中型バス、小型バスと大中小のサイズに分けられ、大きさによって乗車できる人数の定めがあります。
貸切バスの設備によっても金額が割り増しになります。例えば、トイレ付きの大型バスは、トイレ装備していない大型バスより少し高くなります。他にも、カラオケ装備や荷物ルームやトランクの有る無しで金額が異なります。
また、旅行シーズンなどの季節によって相場が変動することがあります。例えば、夏休み時期のお盆の時期や、年末年始など、一般の仕事をしている方でも大型の休みを取りやすい時期や、旅行シーズンは少し割高になります。

東京行き貸切バスの相場の計算目安

貸切バスの相場は、季節ごとによる変動や、バス会社それぞれの価格設定により、多少の幅がでてきます。一般的な相場は、大型バスが45名で5万円代から、中型バスが27名で4万5千円からくらいの金額となっています。
小型バスは、20名で3万5千円から4万円からが相場です。貸切バスのサイズは小さくなるほど安くなるので、人数が少ない場合ように、バス会社によってはミニバスやマイクロバスのサービスを提供しています。ミニバスやマイクロバスの人数は、6名から12名くらいが目安となっています。3万円代からが相場なので、20名以上集まらない少人数での旅行の計画の時は、ミニバスやマイクロバスの活用がお勧めです。

貸切バスの相場金額に含まれていないものはどんなもの?

貸切バスにはさまざまなタイプや大きさによって値段が種類別されていますが、その相場金額に含まれていないものがあります。
貸切バスで人数に合わせてサイズを選ぶ場合、相場金額として提示されている料金には、バスの使用料金、運転手代、ガソリン代と保険代が通常含まれた金額で相場が提示されています。例えば、大型バスで45名で5万5千円だった場合、上記の内容が含まれた金額です。
この相場金額に含まれていないものは、高速道路を使う場合の有料道路代、駐車場タイなどです。これらは、バスのサイズで選らんだ金額に上乗せされて最終的な見積金額が計算されます。
貸切バスで泊りがけの旅行プランになる場合、運転手の宿泊代が加算されます。

友達と貸切バスで行く東京観光・お値段のメリット

バスを貸切で友達と東京観光するメリットはいくつかあります。東京観光の人気スポットには、スカイツリー、東京タワー、皇居、国会議事堂、浅草などの定番コースが人気です。バスツアーでは定番のコースを組み込んで設定されています。それでも、皇居や国会議事堂は行かなくていいから、東京タワーまでいったら、六本木をそのまま散策したい、などの希望もあるでしょう。貸切バスでは、気の知れた友達だけで予定を組んでいるので、行きたい場所の好みを反映しやすくなります。これはバスツアーの違いといえる大きなメリットです。
貸切バスではバスのサイズによって最大数の人数が決められているので、最大数の友達が集められればお得に旅行できます。

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP