Webからのお見積り

お電話でのお問合せ

FAXでのお見積り

貸切バスで観光するならここ!【北海道編】

日本で最も広い都道府県、北海道。大人数での観光を検討しているなら、貸切バスをおすすめします。公共交通機関だけでは融通を利かせた観光は難しいですし、広域で移動することも大変だからです。分で運転しなくて良いので、昼間から地ビールなどを楽しむこともできます。今回は、貸切バスでの北海道のお勧め観光スポットを巡った程でご紹介をしていきます。

旭山動物園

【旭川市】ペンギンの散歩!「旭山動物園 」

冬場に貸切バスで移動するなら、少し遠いところまで思い切って行ってみましょう。行き先は、「行動展示」で一躍有名になった旭川市の「旭山動物園」です。
JR札幌駅から約150km、高速道路利用で2時間はかかるので、開園時間の10時30分をめがけて朝の8時30分には出発したいところ。貸切バスバスの良いところは乗車してからも車内で眠れること。前夜に楽しみすぎて寝不足のアナタも、この時間にしっかりと睡眠を取っておいてください。無事に開園時間に到着できたら、11時からの「ペンギンの散歩」を見に行きましょう。この「散歩」は、キングペンギンが餌を取りにいくために集団で海まで歩くという習性を生かし、冬場の運動不足解消を目的に、ペンギン本来の習性や生態を見てもらおうという意図で始められました。ぜひ、積雪期にしか見ることのできない、雪の動物園内をペンギン達がいきいきと歩き回る様子を間近で見てみてくださいね。最後のお土産もオフィシャルグッズの「キングペンギンのマグネット人形とTシャツ」がおすすめです。

【札幌市】私の白い恋人を作ろう!「白い恋人パーク」

旭山動物園の次は、再び札幌市内へ戻りましょう。昼食はバス内でお弁当を食べることで時間節約が図れます。これも貸切バスならではのメリット。道央自動車道から札樽自動車道を通る景色を楽しみながら進むと、札幌市内の「白い恋人パーク」へ到着です。
白い恋人パークは、北海道を代表する銘菓「白い恋人」ができるところを見学できる施設ですが、自分でもオリジナルの「白い恋人」を作ることもできます。施設内の「お菓子作り体験工房」へ移動すると、30分間隔でお菓子づくりがスタート!生地もチョコレートも実際の「白い恋人」と同じ材料を使い、約14cmのハート型の「白い恋人」を作りましょう。チョコペンでオリジナルメッセージも書き込めばできあがりです。
他にも、同施設内にはチョコレートの歴史を展示した「チョコレートファクトリー」や、英国チュダー王朝時代の建築を再現した「チュダーハウス」、キャンディ・アート専門店「キャンディ・ラボ」などもあり、見所満載です。

五稜郭

【函館市】新選組最期の地「五稜郭」

一日で旭川市から札幌市と来て、そこで疲れてしまわないのも貸切バス観光のメリット!運転手さんにお任せすれば安心です。「白い恋人パーク」を出ると、高速道路経由で約300km、3時間30分程で函館市の五稜郭に到着です。
五稜郭は、幕末の戦争で有名な、西洋式の星の形をしたとても珍しいお城です。幕末に起きた戊辰戦争では、旧幕府軍が集結し、最終拠点とした場所です。「蝦夷共和国」を立ち上げようとして有名な「箱館戦争」戦場となりました。ドラマの中で見たからも多いでしょう。新撰組の副長でもあった土方歳三が、この箱館戦争で戦死したことでも有名です。
五稜郭に着いたら、まずは「五稜郭タワー」に登ってみましょう。タワー上部の展望台からは、五稜郭の大きさや星形の城郭を確認することができ、函館の夜景と相まって江戸時代末期の頃にタイムスリップしたような感覚に襲われます。また展望2階には、全面の広いパネルと模型で「五稜郭歴史回廊」が併設されており、五稜郭にまつわる歴史を学ぶことができます。

北海道は観光スポットやおいしいものがたくさん!

今回は貸切バスならではのスケールの大きい1日観光ルートをご紹介しましたが、観光ルートの描き方はバスがあれば自由自在です。世の中のパックツアーでは味わえない、自分たちだけのオリジナルの観光ルートを描いてみてください!その際は、自分たちの行きたいところ、食べたいものなどを出し合って、それらの要望を全て叶えられる方法を考えてみると良いでしょう。何と言っても、北海道は行くべき観光スポットや、味わうべきおいしいものがたくさんあるのですから!

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP