Webからのお見積り

お電話でのお問合せ

FAXでのお見積り

福岡貸切バスの旅!その相場はいくら程度

一般的なツアーよりも、自由な出発地や目的地設定が可能なことから人気のある貸切バス。
福岡にも数多くの貸切バス会社がありますが、何をもとに選定すれば良いのでしょうか。その判断基準とニーズに適合したバスを選びコツについて検討をしてみたいと思います。

貸切バス料金形態について

バスの種類により異なります。基本的に参加人数によりバスの大きさ(座席数)が変わりますが、定員に達しない人数でも余裕を持って少し大きめのバスをリクエストすることも可能です。ただし、その際は、そのバスの大きさに合った料金となります。下記にバスの大きさについて記載します。
・大型バス:対象30~60名、席数45~49席+補助席
・中型バス:対象20~28名、席数28席
・小型バス:対象19~25名、席数19席~25席
・マイクロバス:対象10~21名、席数19席+補助席
また、料金については、バスの大きさに加え、走行距離等で算出しますが、福岡県では福岡県貸切バス協会、福岡県観光バス事業協同組合があり、そのHPで、運賃・料金の目安を公開しています。

(例)大型バス運賃(下限)
走行時間5時間+整備点検時間2時間=7時間 
7時間×1時間当たり大型運賃(下限)4,790円=33,530円
走行距離250Km×大型1Km当たり(下限)100円=25,000円 
計:33,530+25,000=58,530円(税別)と算出できます。
注意:季節や曜日などにより、料金が変動します。

貸切バスの選定ポイント 料金・その他

上記のような、基本的な料金形態でまずは目安を知り、料金以外の要素も見ていくことも必要でしょう。料金面も重要ですが、信頼できること、設備がしっかりしていることがまず最優先に考慮すべき事項です。設備面では、まず最低限のシートベルトの着用ができるかなど、事前に確認しておくことも必要です。
シートベルト着用は、法律上で義務付けられているものですが、いざ旅行となり、席に座ってみたら、驚くことにシートベルトがなかった、壊れていて使えないなど、残念ながらたまにある話ではあります。
また、実際の利用者の声も重要です。顧客の声が分かればそれを参考にし、また不明な場合でも、HPを確認してみましょう。安心・安全な管理をしているバス会社では、HPでも、安全を担保するための方法や、乗務員への指導などを掲載している企業が多くあります。

見積もりの取得までのプロセス・方法

方法はいくつかあり、料金比較サイトや見積もり一括サイトで出してみるというやり方もありますが、
バス会社や旅行会社へ連絡をして見積もりを取得する方法もあります。
まずその事前準備が必要です。大まかにどのくらいの金額がかるのかの目安であれば、見積もりサイトで一旦金額感を知るということも良いですが、最終的には、日程、候補観光地や食事場所など、行きたい場所のピックアップを行って正式な金額が算出されます。有料道路や高速利用、ガイドの有無でも当然ながら料金は変わってきます。また旅行の相談から見積もりの算出までのやり取りの中で、その受け答えの中でも、顧客にどう向き合うのか、その姿勢を垣間見ることもできます。幹事さんが、候補地はあるものの具体的にどのようなプランを作れば良いのか不明な場合でも、相談してみましょう。

申し込み例と料金(下限)目安

見積りの際に必要な事項記載例として下記のような事項を最低限必要とします。
①代表者氏名、連絡先:山川○△郎
②団体名      :○△□商事株式会社
③参加予定人数   :40人
④日程       :日帰り、県内 博多駅前乗車=はかた伝統館=大濠公園=未定(50Km以内)
⑤希望車種(バスの大きさ):大型バス
⑥要望       :19時までには博多駅帰着希望。バス冷蔵庫を使用したい。ガイド付き。

見積り額:65,000~75,000(平日、利用月下限目安)
+有料道路代金、有料駐車場代金、夜間・早朝手当、バスガイド料 (料金は、バスの車種(大きさ)だけでなく、走行距離や利用月、平日か土日か、ガイドの有り無しなど諸条件により異なります。実際のバス会社の金額を参考にした目安です。)

あらかじめから情報ピックアップした上でお問い合わせすると確実です。スムーズな旅のためにうまく活用してみてください。

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP