Webからのお見積り

お電話でのお問合せ

FAXでのお見積り

肝心の料金は?福岡旅行は貸切バスをチャーターする場合に考えておきたい事

貸切バスをチャーターして福岡を観光しよう!と思っても、どうしても「貸切」というワードに敷居の高さを感じてしまう人もいるのではないでしょうか?今回は福岡を貸切バスでの観光する際のお金についてお話ししましょう。

大宰府

まずは貸切バスの料金について知っておこう!

貸切バスでの旅行で旅費を抑えよう!という場合はまずは貸切バスの運賃の仕組みについて知らなくてはいけません。実は貸切バスの料金というのは法律できっちりと設定されています。この点は初めに踏まえておきましょう。料金を安くしたいばかりに、あまりに安いバス会社をチョイスしてしまうと後々トラブルに巻き込まれかねないので注意しましょう。
貸切バスの料金は運賃と料金、その他の諸費の諸費に分けられます。貸切バスを上手に利用するにはまず運賃の仕組みについて理解しましょう。
貸切バスの運賃は「時間制運賃」と「キロ制運賃」の二種類の運賃合算で決められています。この二つの料金の特性を考える事が重要になってきます。

貸切バスの運賃の仕組みを知って節約しよう!

「時間制運賃」というのはバスをチャーターしている間、時間経過で掛かる費用の事です。この運賃は出庫から帰庫までの時間(回送・待機時間を含む)にかかる料金で、例えば駐車場に止めている間にもかかる料金です。それに対して「キロ制運賃」というのは出庫から帰庫までの距離(回送距離を含む)に掛かる料金です。
この料金に加えて高速料金や、特殊料金、例えば深夜や早朝の運転には深夜早朝運行料金が追加で掛かったり、長距離運転で運転手の交代が必要な場合には交替運転者配置料金が掛かったりします。
この二つの料金の特性を考えて上手にコースを決める事で旅費を多少抑える事が可能になる訳です。

福岡で貸切バス運賃を抑えるコツ!

運賃の節約は色々あるのですが、福岡ならではの運賃の節約法という物があります。例えば福岡空港から博多駅方面、そこから各観光地へ、というコースを考える場合、福岡都市高速環状線は頻繁に渋滞が発生するため無駄に時間制料金が掛かってしまいます。空港を介しての観光を考えている場合は、空港からバスを使わずに、第一の観光目的地から、のようなバスの呼び方をすると大幅に旅費が節約できます。
また福岡市内、特に博多駅周辺を回る場合、こちらも渋滞が多発する地域だったりするので工夫が必要です。中心街は観光地やショッピングスポットが密集していて、それほど貸切バスで動き回る必要がないので、ホテルや施設の駐車場に置いておいて、そこから歩いて廻る、というのも節約に繋がります。

貸切バス会社を比較してさらに節約!

様々な工夫をして料金を節約してもやはり限界があります。コースを考えてさらに値段を削るのであれば、やはり貸切バス会社を比較して、より安く、より効率的なチョイスを考えなくてはいけません。運賃はバスの出庫から入庫まで掛かるため、観光地や宿泊地を考慮してどの場所の会社を選ぶかでも料金が変わってきます。バス会社のHP等で入念なリサーチを入れる事をオススメします。
ただし料金だけ安ければ良い!という訳ではありません。最初に紹介した様に、法定の金額を下回るような会社は避けるべきですし、お値段が高いなりに付加価値がある場合もあります。

いかがでしたか?福岡を観光の際は貸切バスでより快適に、よりお得に楽しんでくださいね!

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP